葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

生活保護受給者の葬儀は全額免除になるの?申請方法は?


生活保護受給者の葬儀は全額免除になるの?申請方法は?

生活保護を受給していて金銭的に余裕が無い生活を送っている方々や生活保護の葬儀親族に対し、葬儀を行う上で発生する費用を各自治体がサポートする葬祭扶助制度という制度があります。

生活保護受給者の葬儀で葬祭扶助制度を利用した場合に支給されるのは葬儀に関する最低限の費用なので、直葬という火葬のみが行われる形式になります。

そのような生活保護を受給している当事者や生活保護の葬儀親族が生活保護の葬祭扶助の申請を行う際には、予め申請を済ませておく必要がある事を念頭に置いておきましょう。

そして、生活保護の葬祭扶助の申請は原則的に喪主が進めていく事になるのですが、喪主による委任状と印鑑などがある場合には葬儀社が代わりに行う事も可能です。

生活保護の葬祭扶助の申請を行う先は各市町村の役所もしくは福祉事務所となり、住民票が存在している自治体が申請を行った者と故人で異なる事例では、原則的に申請した者の住民票が存在している自治体にて申請を行います。

こうした生活保護の葬祭扶助の申請を行う場合に気をつけなければならないのは、葬儀を行う前に申請を完了させておく事であり、その理由は葬儀を行った後に申請を行ったとしても受付をして頂く事ができないためです。

また、生活保護の葬祭扶助の申請ができるのは金銭的に生活を送る事に困窮している方が対象となるので、当事者が生活保護を受給していたものの生活保護の葬儀親族に資産や収入がある場合は、申請を行っても制度を受ける事はできません。

さらに、生活保護を受給していた方に扶養義務者が存在しない事例では民主委員や家主が葬儀を行う事になりますが、民主委員や家主が生活保護受給者の葬儀を行う場合にも生活保護の葬祭扶助の申請を滞りなく行えば、制度を利用して葬儀を行う事ができます。

制度を利用して支給される金額は大人と子供で異なり、大人の場合は20万6千円以内となり子供の場合は16万4800円以内となります。

生活保護受給者の葬儀は全額免除になるの?申請方法は?