葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

シニア世代は当たり前!あの世でも役立つウォーキング術


シニア世代は当たり前!あの世でも役立つウォーキング術

シニア世代の方の中には、子供や孫に介護の負担をかけないために健康に気を使いたいという方も多くいるかもしれません。そのような場合には、ウォーキングに挑戦してみるのも1つの手です。ウォーキングを実践することで健康を管理して、足腰を丈夫にして寝たきり生活を防げる可能性があります。

ここで問題になるのが、シニア世代のウォーキング術ではどのような点に注意したらいいのかという点です。歩けばいいというものではなく、正しく歩くというのがポイントの1つです。誤ったシニア ウォーキングを実践すると、思うような効果が期待できないだけではなく骨折などのリスクも生まれてしまいます。

実際にウォーキングを始めるときのポイントの1つが、最初に準備運動をするという点です。準備運動なしで体を動かそうと思うと、足がつりやすくなります。特に日頃運動不足だという方は、急に長距離を歩くと疲労を感じやすくなってしまうので無理をしないことが必要です。また歩き終わった後は、ストレッチをすることを忘れないようにしましょう。ストレッチをすることで、疲労を軽減し翌日に痛みをひきずりにくくすることが可能です。

ウォーキングは手軽に始められることから、初日から1時間以上歩いてしまうという方も多くいます。しかし初日から飛ばし過ぎると、疲れが出やすいだけではなく続けにくくなります。長く続けるということが、シニア ウォーキングを始めたいという場合のポイントの1つです。大切なポイントになるからこそ、無理をせずに最初は10分くらいから始めてみるのも1つの手です。人によって歩くペースは異なるので、距離ではなく時間で管理することも必要です。

さらにウォーキングを始めるなら、毎日歩くことが大切と思う方もいるかもしれません。

しかし無理に毎日歩くと、体を壊してしまう可能性も出てきます。慣れてくるまでは週に数回くらいのペースにして、無理なく継続できるようにしましょう。

シニア世代は当たり前!あの世でも役立つウォーキング術