葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

四十九日法要に向けて準備すること!


四十九日法要に向けて準備すること!

人が亡くなると葬儀を行いますが、葬儀の後に行われる儀式としてに四十九日法要があります。四十九日法要とは、命日から数えて四十九日目に故人が極楽浄土へ行けるよう遺族が祈る追善供養を意味します。

仏教では、人が亡くなると極楽浄土に行くことができるか七日ごとに七回裁判を受け、四十九日目が判決の日となるよう定められました。

四十九日目にあたる日を四十九日とよび、四十九日法要を行うために準備を行わなければなりません。

準備に関しては、大きく分けて法要の準備と納骨の準備、香典返しの準備となります。

法要については、先祖代々のお墓がある場合はお寺の住職と相談して日程を決定しますが、故人の亡くなった日を含め、四十九日後に法要を行うのが正式な日程となります。

地域や宗派によって、故人が亡くなった日から法要まで三ヶ月にまたがってはいけない場合もあるため、間違いのないよう注意しなければなりません。

場所については、お寺以外にホテルや自宅等で行われますが、日程や場所が決定したら案内状の準備も必要です。法要後に会食であるお斎を行う場合もあります。

お斎は必須とされていないため、どのような形にするか決める必要があり、行う場合は料理の手配も行う必要があります。

香典返しは、お供えのお返しを意味しており、法要の参列者に手土産を渡さなければなりません。

通夜や葬儀を含めて四十九日までに頂いたお礼となりますが、手土産の品物を用意する際、頂いた香典の半額程度を目安にして品物を手配します。

納骨は、遺骨を骨壷やお墓や納骨堂に収めることをいいますが、一般的にはお墓や納骨堂等に遺骨を埋葬することを示しています。

お寺に納骨式を行う意思があることを伝える必要があり、墓石や本位牌の手配も行わなくてはなりません。

本位牌は、故人の名札のような役割を果たす木牌で、戒名や没年月日を入れる必要があります。

墓石にも戒名の彫刻を行う必要があるため、事前に依頼する必要があります。