葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

市民葬のメリットとは?普通の葬儀と異なる点と申込時に知っておく事


市民葬のメリットとは?普通の葬儀と異なる点と申込時に知っておく事

市民葬という言葉をご存じでしょうか?あまりなじみのない言葉ですが、現代で求められることが多くなった、小規模で費用を抑えられる葬儀の選択肢のひとつです。

通常葬儀というと遺族が葬儀社に依頼して行うものですが、この場合は自治体が指定した葬儀社と提携して行います。

遺族が中心となることに変わりありませんが、公民館や公営の斎場などの公共施設を利用することが多いので、かなり費用を抑えられることから経済的な負担が軽減されるのがメリットです。

ただ自治体によっては会場が指定されることもありますし、全体の費用や市の負担額は自治体によって異なる点に留意しましょう。

また市民葬は、どの会社を選べばよいのかわからない方にも向いています。近所に会社があったり会員になったりしていない場合は、どこへ依頼すればわからない方も多いでしょう。

しかし市民葬を行う会社は自治体が規定した条件をクリアしているため、安心して任せられるからです。

市民葬を申し込むときは、ほとんどの場合自治体へと申込をすることになります。専用の用紙が用意されているか、死亡届を提出するときに希望を伝えるなど自治体によって対応はさまざまです。

通常の葬儀と同様に自分で提携先の葬儀社へ連絡して申し込むこともありますので、その際は市民葬をしたい旨を伝える必要があります。

市民葬については、自治体のホームページや電話などであらかじめ確認しておくとよいでしょう。

中には市民葬を行っていないところもありますし、申込のタイミングによっては申請が認められないこともありますので注意してください。

申込するには、亡くなった方の住民票がその自治体にあるか、住民票がある人が喪主であるかなどの条件があるため、申込基準もしっかり確認してください。

市民葬は故人の意向で葬儀をシンプルに済ませたい場合や、高額の費用を用意できない場合などの選択肢となります。

現在は葬儀社もさまざまなプランを打ち出しているところが多いですので、どのような方法を選ぶかはサービス内容や費用をよく検討してから決めるようにしましょう。

市民葬のメリットとは?普通の葬儀と異なる点と申込時に知っておく事