葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

卒塔婆のもつ意味と塔婆供養を依頼の仕方


卒塔婆のもつ意味と塔婆供養を依頼の仕方

卒塔婆とは、ご先祖様や故人などを供養するために使う細い長い板のことを指しています。

追善供養の際に使うものであり、長さは約1mから2mほどの板となっています。

立てることはよいことであるとされていて、卒塔婆を立てることで善を積むことにもつながります。

塔婆先祖様や個人への礼儀だけではなく、よい行いであるとして推奨されているものです。

卒塔婆を立てる理由としては、塔婆 先祖代々や故人を追善供養することが理由です。供養を行うことによって、故人への冥福を祈ることができるのです。法要だけではなく、お寺に法要を依頼しないお墓参りも供養にあたるでしょう。

生きている人の善が故人の善にもなるという意味を持っています。

供養の方法としては、まず最初に卒塔婆を用意する必要があります。

霊園やお寺に卒塔婆供養の依頼をして、用意してもらうことから始めましょう。

その際に法要の日時も決めておくとそのあとがスムーズに進みやすくなります。

僧侶などに作成してもらうのが望ましく、戒名や施主名、亡くなった日など詳細な情報を記載するため、これらの情報を把握している僧侶に依頼するのが一番です。

一般的には墓石のうしろに専用の台があるため、そこに立てておきます。

お墓がないのであれば家に置いておくケースも見られますが、その場合には仏壇の横に置きましょう。白い布などをまいてから上に置いておきます。

卒塔婆料も用意する必要がありますが、表書きには卒塔婆代、小布施などと記載するのが一般的です。

お寺や霊園により費用が決まっているケースが多いでしょう。

決められている場合にはそれに従って代金を支払うことになります。

通常の料金は約3000円から1万円程度になっています。

卒塔婆を依頼した場合には、お盆などの時期には小布施とは別に包む必要があります。

施主はまとめて依頼したお寺や霊園に支払うことになるので、作成する人数のリストなどを作っておくとよいでしょう。

卒塔婆のもつ意味と塔婆供養を依頼の仕方