葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

身近なアイテムが役立つ!墓石の掃除に便利!知ってるキレイを保つ掃除の仕方


身近なアイテムが役立つ!墓石の掃除に便利!知ってるキレイを保つ掃除の仕方

墓石は管理が重要で、定期的な墓石の掃除が供養する人の心を安定させたり、亡くなった人の為になります。
墓石の掃除のやり方としては、墓石そのものの作業に入る前に、周囲のゴミを拾うのが先決です。
落ち葉や煙草の吸殻など、拾うべきゴミは沢山ありますから、いわゆるトングを持参して作業をするのがおすすめです。
更に、雑草が生えていればそれも一緒に取り除き、作業が完了次第墓石の掃除に入りましょう。
墓石はまず水で洗い流し、砂埃のような簡単に落ちる汚れを落としておきます。
水を入れて運ぶアイテムが必要ですから、家庭にある手軽なサイズのバケツが役立ちます。
墓石に対しては柄杓で水をすくって掛けるので、柄杓か代用できるアイテムも一緒に用意します。
水で洗い流せない汚れについては、物理的に擦って落とす必要がありますから、台所用のスポンジも持参しましょう。
柔らかい面を使って優しく、水を含ませて擦ることで、大抵の汚れは落とせるはずです。
苔は頑固で少し落ちにくいですから、指なども使って落としていきます。
墓石の掃除は、墓石を綺麗に保つのが目的ですから、逆にダメージを与えてしまうやり方は厳禁です。
頑固な汚れには洗剤が必要ですが、漂白剤のような塩素系や、トイレ掃除に使う強力な酸性の洗剤は避けましょう。
ベターなのは影響の心配がない中性洗剤ですが、石材用のものならベストです。
洗剤を使った墓石の掃除のやり方は、先に水で洗い流しておき、次に適量を取り出してスポンジで擦る流れです。
水垢のように固着した汚れが多い場合は、石材用のパッドタイプのクリーナーを使用するのもありです。
線香皿や花筒は中身を捨てて、水で洗い流すなどで綺麗にします。
水滴は新たな苔を呼び寄せますから、清潔なタオルで拭き取って、速やかに乾くようにしましょう。
溝などの細かい部分の掃除には使い古しの歯ブラシ、あるいは金属製ではないタワシも便利です。
改めて確認すると、どの家庭にもある身近なアイテムで墓石の掃除ができますから、後回しにしないでこまめに綺麗にすることをおすすめします。

身近なアイテムが役立つ!墓石の掃除に便利!知ってるキレイを保つ掃除の仕方