葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

プロに聞いた!「これで完璧!墓掃除のコツとマナー」


プロに聞いた「これで完璧!墓掃除のコツとマナー」

墓参りを気持ちよく行うには、墓掃除を定期的に行って清潔な状態にしておく必要があります。

ただし、部屋や車などの掃除とは異なる点が多いので注意しなければなりません。

墓掃除やり方として重要なのは、適切な道具をそろえて正しい方法で実施することです。

掃除の箇所は2つに分けて行うのが一般的であり、それぞれ使用する道具も異なります。

1つ目は墓石の汚れを除去することで、バケツが必須のアイテムとなります。

専用の洗剤やタオルも用意しておきましょう。

しつこい汚れ対策として、歯ブラシやヘラの形をした清掃道具などもあると心強いです。

具体的には、水垢や苔を磨き落とす作業がメインになります。

いきなり擦るのではなく、まずは水を十分にかけるのを忘れてはいけません。

洗剤を使って傷つけないように優しく手入れをしていきます。

文字などの深くなっている部分は汚れが溜まりやすいので歯ブラシを利用するの効率的です。

最後に水をかけて洗い流しますが、それだけで終了しないように注意してください。

苔やカビの繁殖を防ぐために、濡れていないタオルでしっかり水分を拭き取ります。

2つ目はお墓の周りをきれいにすることです。

こちらで必須なのはほうきと塵取りです。雑草を抜くために必要なスコップやそれらを入れるゴミ袋も必要になります。

庭などの掃除の仕方とあまり変わりませんが、地面を濡らしすぎないことがポイントです。

極端に濡れた状態になると、ゴミを集めにくくなるなどの支障が生じてしまうからです。

先に回りを掃除して、墓石を洗い流す水で濡れても良い状態にするのも一つの手です。

また、墓掃除マナーとして大切なのは、他のお墓への配慮を忘れないことです。

たとえば、掃除道具を他の墓石の上に置いてしまう人が見受けられます。

墓石は丈夫に見えますが、掃除道具の角との接触などで細かな傷が付いてしまう場合もあるので要注意です。

同様に他の墓石に水や洗剤がかからないように気を付けてください。