葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

イメージアップ?ダウン?社葬を執り行う際に知っておきたいこと


イメージアップ?ダウン?社葬を執り行う際に知っておきたいこと

社葬は会社側が主催して行う葬儀のことを指します。

近年では会社側が葬儀を行うことは少なくなってきていますが、会社の創業者もしくは取締役など重役が亡くなった場合や、企業としての取引会社が多い場合には社葬を執り行うことが多く、内容によってはイメージアップにつながり、新たな顧客が増える可能性もあります。

社葬であっても喪主は遺族となります。

ですが個人で行う場合と異なり、費用については会社の経費にて行うことが多く、参列者も会社関係となります。

会社の経費として認められているのは、訃報に関しての新聞の広告料や案内状の作成とその発送費用、祭壇料や僧侶へのお礼、参列者の送迎バス代や令状または御礼品、社葬を手伝った社員に対しての食事代などとなっており、葬儀に関する費用であれば認められることが多いです。

なお企業として葬儀を行うので、葬儀の際に受け取った香典はすべて雑収入となり、課税の対象となりますし、その香典を遺族へ渡した場合は遺族側に贈与税が発生します。

社葬を行うメリットは、社内だけでなく社外に関しても信頼感を与えることができ、会社の組織がしっかりとしているということを内外に知らせることができます。

後継者が決まっている場合は後継者を披露する場にもなり、亡くなった人の業績をたたえ、更なる会社の発展をイメージするものになります。

きちんとしているという印象を与えることができるので、一般的な葬儀よりもしっかりと執り行わなくてはなりません。

社葬がイメージアップにつながるか、ダウンとなるかは葬儀の内容によることが多く、しかも規模というよりも社員がどのような態度なのかを見ることが多いです。

受付の対応や言葉遣い、しぐさや雰囲気など少しのことでも参列している企業や取引先は見ています。

ですので、社葬を行う場合は社員に対してまず、どのように式を進行させていくのか、服装や注意点、私語は慎むなど細かい打ち合わせが大切になります。

イメージアップ?ダウン?社葬を執り行う際に知っておきたいこと