葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

希望の葬儀が思いのままに!葬儀場の種類と選び方


希望の葬儀が思いのままに!葬儀場の種類と選び方

葬儀場の種類は実は1種類だけでなくていくつかあります。そこで自分が希望する葬儀が出来るように葬儀場の種類と選び方についてお話します。

まず葬儀場の種類ですが、1つ目は一般的に一番多く利用する人が多い民営式場です。
こちらは葬儀社が保有している場所で行うことです。別名でセレモニーホールとも呼ばれています。

葬儀社に連絡をするだけで利用することが出来るので手続きが簡単です。一般的に民営式場で式をするという人が多く一番馴染みがあります。

2つ目は公営式場と言う自治体が保有している葬儀場です。
こちらは民営のものよりも費用が安い特徴があります。ただし、利用出来る人はその自治体の地域の住民限定になります。
住民出ない場合は場所によっては利用可能ですがその場合は別に費用が掛かります。後は公営式場は数が少ないので場合により順番待ちの状態になってしまうことがあります。

3つ目は宗教施設と言って寺院や教会、神社などです。
宗教施設の中にも種類があり、本堂で行う場合と本堂とは別の場所に葬祭用の斎場を用意して貸し出しているパターンがあります。

4つ目はあまり最近では聞くことがないですが自宅です。
自宅でも葬儀を行うことが出来ます。ただし最近では行っている人がかなり少ないです。

次に葬儀場の選び方についてです。

選び方は内容や予算、規模などをまず明確に決めた上で適切な場所を選ぶようにしましょう。

例えば参列者が多い場合は葬儀場が保有している民営式場が一番ベストです。

民営式場は会場が大きい所がほとんどで、大人数でも問題がありません。逆に宗教施設などは会場が小さいことが多いため参列者が入りきらなくなってしまいます。

後は費用を出来るだけ抑えたい場合は公営式場を利用するのが良いです。
公営式場は比較的安いので予算を抑えることが出来ます。

このように選び方のコツとしては事前に内容や予算などを明確に決めることが大切です。

希望の葬儀をするためには一番ベストな葬儀場を選ぶようにしましょう。

希望の葬儀が思いのままに!葬儀場の種類と選び方