葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀トラブルに巻き込まれた時に慌てない4つの対策


葬儀トラブルに巻き込まれた時に慌てない4つの対策

参列者の対応や進行など、何かと忙殺されることの多い葬儀では、葬儀トラブルの発生がリスクになります。

例えば、見積もりと実際に請求される費用が異なる、説明不足で不満の残る葬儀になるなど、様々なケースがあります。

勝手に頼んでいないオプションが追加されているなども、割と良くある葬儀トラブルの1つだといえるでしょう。

勧誘が強引で断れないなどのトラブルもありますから、葬儀トラブルは巻き込まれる恐れがあると考え、もしもに備えることが大事です。

葬儀トラブルに巻き込まれてしまった時は、葬儀トラブル対策で対応できます。

対策の1つは契約内容の確認を行い、説明不足や内容の不備があればそれを指摘することです。

契約書がないのは論外ですし、見積もりが不十分なのも葬儀会社に対する、葬儀トラブル対策手段となるでしょう。

もう1つは納得するまで費用の支払いを保留にして、良く話し合ってから支払いするというものです。

支払いを終えた後は取り合ってもらいにくくなりますし、何より契約内容を認めたことになるので、疑問点があればひとまず保留にするのが賢明です。

話し合いをしても葬儀トラブル解決の見込みがない場合は、専門的な機関に相談することをおすすめします。

専門性のある視点で葬儀トラブルの内容を確認したり、葬儀トラブル対策のアドバイスが行われます。

最終手段はやはり法に訴えかける方法となりますが、十分な証拠がなければこちらが不利ですし、費用や時間が掛かるので文字通り最後の手です。

葬儀で心労が重なる時に、葬儀トラブル対策で労力を要するのは大変ですから、なるべく早い段階で解決したいところです。

見積もりは必ず出してもらう、契約書の作成時に内容を良く確認するなど、前もって行う対策や心構えが葬儀トラブル回避に繋がります。

葬儀会社の評判を確認したり、実績やサポート対応力を評価しておくのも、葬儀をスムーズに済ませるポイントです。

葬儀トラブルは起こらないに越したことはないですが、しかし発生する恐れはあるので、もし遭遇しても慌てずに対応しましょう。

葬儀トラブルに巻き込まれた時に慌てない4つの対策