葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

密教と呼ばれる真言宗の葬儀の特徴と手順


密教と呼ばれる真言宗の葬儀の特徴と手順

空海によって平安時代に開かれた日本仏教のひとつが真言宗です。

真言宗は密教とも呼ばれています。

密教とは秘密の教えを指します。

密教の本尊は大日如来で、教団では秘密の儀礼を伝承しています。

真言宗の葬儀には特徴があります。

真言宗における葬儀は、大日如来が支配する浄土に送り届ける儀式になります。

個人を浄土に送り届けるために、悪い習慣や考えを葬儀により浄化します。

浄化することで大日如来の加護を得られるように供養を行ないます。

葬儀では他の宗派にはない特徴的な儀式があります。

亡くなった人が仏の位に入ることができるように、故人の頭に水をそそぎます。

さらに土砂を洗い清めて護摩を焚き、本尊の前で儀式を行ないます。

土砂には苦悩を取り除くという意味があり、遺体にかけることで体を柔軟にします。

土砂をお墓に撒くのは罪を消すためです。

真言宗の儀式は仏間か広間で行なわれます。

僧侶を呼んでお経をあげてもらい、僧侶の話が終わると参列者に食事やお酒が出されます。

通夜では親族や友人たちが故人の思い出を語り合います。

葬儀の順番は、最初に導師が入場します。

故人の体にお香を塗り穢れを取り除き、五種の印を結び真言を唱えます。

さらに清めみ使用する香水を浄化するために祈りを捧げます。

三礼を行い、諸仏諸菩薩に故人への想いをこめます。

仏や菩薩の名を唱えることで、降臨に感謝します。

声明があるのも特徴的です。

声明とは、仏典に節を付けた仏教音楽を指します。

授戒作用では僧侶がカミソリを持ち、故人の頭を剃ります。

作法が修了すると、最後に戒名がつけられます。

引導の作法が行なわれ、故人の即身成仏を祈願します。

最後に特別なお経を唱えて引導の作法は終了となります。

次に故人の心にある地獄を消す作法が行なわれ、僧侶が成仏を願う文を唱えている間に焼香が行なわれます。

焼香後は僧侶が印を結び、指を鳴らして魂を抜きます。

葬儀が修了すると導師が退場し、身内が別れの言葉と花を捧げて出棺、火葬となります。

密教と呼ばれる真言宗の葬儀の特徴と手順