葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

分骨トラブルが起きないために、実施時の手順と注意点


分骨トラブルが起きないために、実施時の手順と注意点

離れて暮らす家族がそれぞれの場所で墓を建てたり、遺骨の一部を海や山に散骨するときには分骨をすることがあります。

でも、遺骨はかつて人の一部であったものですし、宗教的にも重要な意味を持っています。

ですから何の準備もなく話を進めていくと、思わぬ分骨トラブルに発展することがあります。

そこで分骨やり方について順を追って見ていくと、最初に必要となるのは分骨証明書です。

墓地、埋葬等に関する法律施行規則によると、故人や遺族が分骨を希望するときに、火葬場や墓地の管理者は分骨証明書を発行して、遺骨の出どころを証明できるようにします。

そして、火葬場であれば、お骨上げをするときに骨壷を必要な数だけ用意して遺骨を入れます。

すでに納骨しているときには、お寺や霊園と話し合い、日取りを決めて閉眼供養をしてもらい遺骨を取り出します。

分骨をしてもらったら、新しく納骨するお墓があるならばそこの管理者に分骨証明書を渡して、納骨をした後に開眼供養を行います。

散骨をするときには、そのまま海や山に行って遺骨を撒きます。

ただし、場所によっては散骨をすることが条例で禁止されていることもありますから事前に確認が必要です。

こうした流れで、分骨注意点があるとすれば、まず親族同士で話し合いができているのかが重要です。

誰かが自分の住んでいるところに墓をつくって両親の遺骨を分骨したいと、勝手に話を進めたら他の兄弟や親戚と揉める可能性があります。

分骨をすると言うだけでなく、散骨をするとなればやめさせようとする人も出てくるでしょう。

それで喧嘩別れになって付き合いが途絶えてしまえば故人も悲しみます。

必ず関係者が納得した上で事を進めなければいけません。

それから先祖代々の墓があるお寺だと、他のお寺に分骨をすることに難色を示すこともあります。

お寺の住職との話し合いも必要です。

親族およびお寺の話し合いをするときには、電話や手紙ではなく、直に対面したほうがいいです。

分骨トラブルが起きないために、実施時の手順と注意点