葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

弔意を表すための供花を送る際に必要な知識と手配時の注意点


弔意を表すための供花を送る際に必要な知識と手配時の注意点

親戚や親しい人、そしてその周りにご不幸があった場合の弔意を表す方法として供花を贈る方法があります。

お通夜や葬儀に出席する・しないに関わらず贈ることが出来る供花ですが、実はマナーがありますので、事前に知識を身に付けておきましょう。

そもそも供花とは、故人の祭壇にお悔やみの気持ち・弔意を込めて贈るものです。

同じ日本に住んでいても宗教や宗派が違えば当然風習も違いますので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

一昔前までは1対・2基で贈るのが習慣でしたが、今では遺族の希望により1基のみ受け付けるケースも増えています。

また、基本的にはお通夜・葬儀が行われる会場に手配を依頼します。

会場に頼まず直接持ち込む場合や、お得意先の花屋にもっていってもらう場合は予め葬儀場へ一報を入れておきましょう。

最近の葬儀では故人の希望により家族葬で静かに行いたいという人や、逆に多くの人が会葬されると予想される場合、供花自体を辞退する人も多くいます。

これまでの概念に囚われないように気を付けましょう。

また供花を頼むタイミングですが、有名人や財界人で後日お別れの会を執り行う場合を除き、訃報を受け、葬儀場が分かった段階で依頼して問題ありません。

葬儀場へ連絡すれば専用の注文書をFAXなどで受け取ることが出来ますが、この際に、自分と故人の関係性からどのタイプの供花を贈るべきかを確認しておくことをお勧めします。

ご遺族よりも高価なお花を贈るべきではないことは知っていても、他に供花される人と足並みをそろえておく方が良いということはあまり知られています。

これは祭壇の周りにお花の並べる際、順番を付けやすい上、きれいに並べることが出来るからです。

供花自体、1対なのか1基なのかに加えて、金額が上がれば上がるほど使用されるお花の種類が増え、豪華になる傾向がありますので金額についても気にしてみて下さい。

この他にも供花マナーには細かいマナーがありますので、時間があるときにぜひ勉強してみてはいかがでしょうか。

弔意を表すための供花を送る際に必要な知識と手配時の注意点