葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

生前予約で「自分の理想の葬儀」と「家族のいたわり」を実現しよう


生前予約で「自分の理想の葬儀」と「家族のいたわり」を実現しよう

健やかに過ごせている段階から自身の葬儀について当事者や家族などが予約を行う事を生前予約と呼び、生前予約を行えば当事者の理想の葬儀が行えるようになる上に、大切な家族を失った悲しい気持ちを抱きながら慌ただしく葬儀を行わなければならない家族の負担を減らせて家族を労る事ができます。

また、生前予約を行えば葬儀を行う上で要する葬儀費用に関しても明瞭に把握できるようになるので、元気に過ごせている頃から費用を用意しておく事ができ、遺族である家族に対し金銭面でも負担を与えずに済みます。

このように、生前予約をした方が良い方は遺族に対して迷惑を掛けたくないと考えている方や自身で葬儀費用をお支払いしておきたい方などが該当しますが、他にも身寄りが無く葬儀を依頼できる方が居ない場合にも該当します。

そして、家族が行うのは医療機関を受診している場合に余命を宣告されてしまったり、病気や事故などによって長くない場合です。

こうした生前予約を行うと得られる利点として最も大きいのは、理想の葬儀ができるのと同時に遺族に負担をかけない事ですが、病気などが急変してしまったとしても残された時間を葬儀の事で使用せず、大切な方とゆっくりと過ごせる様子も挙げられます。

このような生前予約を行う上でポイントになるのは、持っている考えをきっちりとお伝えした上で理解をして頂く事であり、関係する近親者達が納得した事を確認してから進めていきましょう。

また、契約は葬儀が行われる日時などがはっきりとしないまま結ぶという特性があるので、契約を結ぶ時には内訳や記載されている更新に関する規約をしっかりと理解する事も大切です。

そのように日時がはっきりとしない契約を結ぶ事に対して気になるのなら、お支払いした金銭を担保すべく葬儀信託を用いるのも良いです。

葬儀信託では葬儀の内容に応じた費用を金融機関に預けておく事ができる仕組みなので、長年にわたって契約が継続していても安心感があります。

生前予約で「自分の理想の葬儀」と「家族のいたわり」を実現しよう