葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

遺言書の正しい書き方


遺言書の正しい書き方

人が亡くなるときには、その人の財産が残る可能性があります。

巨額の富でなくても、普通の人ならば何らかの財産を持っているはずです。

この場合には、もし亡くなる本人の希望がなければ法律に従ってそれぞれ遺産相続がなされます。

ですが亡くなる本人が特定の遺族にだけたくさんの遺産を相続させたい場合や、遺族の子供同士で争いになるので争いを避けたい場合には、遺言書を作成すると良いです。

とは言えほとんどの人は遺言書を作成したことがないため、いったいどのような遺言書に効力が生じるのかわからないことも多いかもしれません。

そこで正しい遺言書の書き方を学んでいきましょう。

正しい遺言書の書き方といっても特別なしきたりがあるわけではなく、正しい文章が書かれていれば特に問題ありません。

この時鉛筆などで記入してしまうと後になって誰かが消しゴムで消してしまい、内容が変わってしまう恐れがあるため消えないボールペンや万年筆などで記入する必要があります。

なくなった時には、遺族が家庭裁判所に持っていき正しい遺言書であることを証明する「検認」を受けることで初めて効力が生じます。

もちろん当事者間で遺言書に従うならば、わざわざ家庭裁判所に行かなくてもよいです。

ですが当事者間で遺言書の内容や真贋に争いがある場合には、家庭裁判所に持っていくことが必要です。

場合によっては、本物ではないと判断された時には無効になる可能性もあるため、一定のリスクを負う必要があります。

このように、問題が拡大してしまうのを防ぐためには弁護士を利用すると良いでしょう。

弁護士は法律の専門家でありながら、第三者的な立場にあります。

第三者の立ち会いのもとに遺言書を作成することができれば、家庭裁判所にもっていかなくてもその内容が本物であることが証明できるでしょう。

それと同時に、正しい書き方を学ぶこともできます。様々な解釈ができるような内容を避けて、書くことができるでしょう。