葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

湯灌は行うべき?適切に判断するために知っておく儀式の目的と費用


湯灌は行うべき?適切に判断するために知っておく儀式の目的と費用

安置している遺体の体や髪の毛を洗って清め、その後化粧を施したり身支度を整える儀式のことを湯灌と呼んでいます。

一般的に納棺前に行う儀式ですが、湯灌を行うかどうかを聞かれ判断に悩む人も多く見られます。

通常であれば遺体を入浴させた状態で清めることになりますが、近年では入浴を行う代わりに清拭を行うケースが多く見られます。

体や髪の毛をきれいに拭いたうえで清め、化粧を施したり髭を剃る、着替えなどの一般的な身支度を行います。

これらの儀式は一般的には納棺作業を専門にしている湯灌士と呼ばれる人が行いますが、地域や宗教などにより遺族や親族などが一緒に行うケースも見られます。

儀式の目的の一つは、衛生上の観点が挙げられます。人間は亡くなると少しずつ腐敗が進み、場合によっては出血や体液の漏れ、皮膚の変色なども発生することでしょう。一般的にこのような処置は病院で行われるのですが、場合によっては納棺までに腐敗が進行するケースも見られます。最後に湯灌を行うことにより、体をきれいにすることが、体の変化に対する保護手段の一つであるということです。そして宗教上の理由で行うケースも見られます。湯灌は身を清めると同時に、これまでの悩みや煩悩なども一緒に洗い流し、無事に成仏できるようにという願いが込められているのです。
湯灌は行うべきなのかどうか悩む人も多いですが、必ずしも必要な儀式ではありません。

病院で亡くなった場合には、看護師による体の洗浄や容姿を整えるエンゼルケアが施されます。

そのためわざわざ湯灌を行わなくても、きれいな状態を保っています。

実施されるケースの多くが、宗教的な儀式で行っているケースが多いと言えるでしょう。

気になることの一つに儀式の費用相場があげられますが、湯灌の費用は儀式の基本費用には含まれていません。

追加で依頼するとなると、清拭と身支度のみであれば5万円前後、自宅に簡易的な浴槽を持ち込み本格的に行うスタイルであれば10万円前後が相場となるでしょう。

湯灌は行うべき?適切に判断するために知っておく儀式の目的と費用