葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

安置とは|葬儀の知識


安置とは|葬儀の知識

日本の場合、人が亡くなってもすぐに火葬をしても良いわけではなく、法律によって亡くなってから24時間は火葬をすることは許可されていません。

そのためご遺体は1日間は安置をする必要が出てきます。

安置は亡くなってから納棺をするまでの間、遺族などによって決めた場所にご遺体を置いておくことを指しています。

病院で死亡判定を受けた場合、ご遺体はそのまま病院に置いておくことはできず、自宅など安置ができる施設に移動させるのが一般的です。

そのため葬儀会場を決めるよりさきにご遺体をどこに安置させるのか、その搬送方法はどうするのかということを決めなくてはなりません。

ご遺体の安置する場所は、自宅、斎場や葬儀会社の霊安室、民間業者のご遺体保管所の3つがあります。

そして搬送方法においても、寝台車や飛行機、自家用車の3つが主流となっています。

安置をしている場所で通夜や葬儀を行うことが多いので、昔は自宅にご遺体を置くことが多かったのですが、近年では住宅事情や高齢化に伴い病院から直接葬儀会場などに運ぶことも増えてきました。

どの様な方法をとるのかは遺族や亡くなった方が生前示していた意思に添って決めていきますが、季節や六曜の関係によって火葬までに24時間以上経ってしまう場合はご遺体が腐らないようにドライアイスの手配も必要となってくるので、早い段階で葬儀会社を決めて用意してもらうことが大切です。

もし自宅で安置を行う場合は、故人が使っていた布団に寝かせてドライアイスなどで冷やし、部屋もエアコンをつけて涼しくします。

冬など寒さが気になる場合は、故人の近くで暖房器具を使用するのではなく少し離れた場所で使用するようにしてください。温かさによってご遺体の状態が悪くなり、顔色に変化が生じてしまいます。

民間の遺体保管所では、火葬するまえの一時的な預かり場所という意味があり、長くても2日程度となります。

ですが24時間開いているのでいつでも面会することが可能です。

安置には3つの方法があるので、どういった方法をとるのかをしっかりと遺族間で話し合うことが大切になります。

安置とは|葬儀の知識