葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

女性に人気の花祭壇。気になる費用は?


女性に人気の花祭壇。気になる費用は?

花祭壇は祭壇のまわりを花で飾った祭壇のことをいいます。

故人が好きだった花で飾ることができ、最期を見送るご家族の心も慰めます。

宗教や宗派にとらわれず、どんな宗教であっても使うことができます。

そのため最近では、従来の白木祭壇よりも花祭壇人気が高まっています。

花祭壇の費用は葬儀社によって違いがあり、祭壇の大きさやデザイン、花の種類や本数によっても変わってきます。

一般の葬儀では、横幅が1.5~3メートル、段数は1段か2段であることが多いです。

一般的な祭壇の大きさであれば20万円が相場となりますが、数百万円まで費用がかかることもあります。

これは花の品質やシーズン、デザイン性の高さによって変化します。

シンプルな花祭壇ではなく、花を使って好きなキャラクターを表現した場合は費用が高くなります。

一般的な規模の祭壇で見栄えの良い花祭壇を造りたい場合は、80万円もあれば満足のいく仕上がりとなるでしょう。

さらに造花か生花で費用も変わってきます。

当然ながら生花の方が費用が高くなります。

費用を抑えたい場合、生花ではなく造花を使うという方法もあります。

経済的であり環境に配慮している点から、エコ花祭壇、アートフラワー花祭壇と呼ばれています。

一部の葬儀社では扱っていますが、造花を好んで使うことはほとんどなく、キリスト教であれば使う花は生花と限定されています。

故人が好きだった花が手に入らなかった場合、造花で代用できます。造花は香りはないものの品質が高く、生花と見分けがつきにくくなっています。

造花を使うことで華やかに飾れるでしょう。

生花と造花の両方を上手に使って飾ることもできます。

規模が大きく生花では費用が高額、オリジナリティを発揮できない場合は検討してみて下さい。

葬儀社により様々な花祭壇プランがありますが、他の葬儀社よりも価格を抑えて提供する葬儀社もあります。

花屋が元請けとなって提供する花祭壇であれば、相場の30~50%低価格を実現する会社もあります。

どんな花祭壇にするか事前に予算とデザイン、花の種類を決めておくことが重要です。