葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用の平均。都道府県別の平均費用について


葬儀費用の平均。都道府県別の平均費用について

葬儀費用の平均価格はインターネットで検索しても分からないですし、何が正しい情報なのか分からないという人も多いでしょう。

相場というのはないようなもので、どのくらいの規模で行うのか、参加する人数によっても大きく変わります。地域によってルールや決まりも様々なので、費用の平均を導き出すのは非常に難しいです。

自動車買取や引っ越しのように価格を比較するサービスがあれば良いですが、葬儀の場合はそういった種類のサービスも少ないです。

価格を比較しているところもありますが、情報が極端に少ないので参考になる情報もないです。単純に比較するのは難しいですが、料金は安いほうがよいというのが正直気持ちでしょう。

なるべく予算を抑えたいという場合は、プランを明確にして不要なものは省いていく作業が重要です。

葬儀会社は色々なオプションをつけて豪華にしてもらったほうが利益につながります。

しかし、依頼するほうの立場になると無駄なオプションはつけたくないというのが本音でしょう。

迷いがあるとつけこまれてしまうリスクが高くなるので、担当者と話し合いをするときは正直に自分の意見をぶつけるのが大事です。

一番良くないのがお任せしますと言って丸投げしてしまう方法です。

丸投げをしてしまうと余計なオプションがたくさん付きますし、意図していないように話が進んでしまうこともあります。担当者の連絡先は必ず聞いておき、連絡ミスがないようにお互いの考えを共有することが重要です。

多くの人が気になる都道府県別の平均費用についてですが、これは東京だから高くて地方だから安いということでもないです。

基本的には葬儀の規模と人数が料金に関わるので、小規模でコンパクトな葬儀であればそこまで費用は発生しないです。

地方は親族をたくさん呼ぶ傾向がありますし、本家に集まって食事会を開くことも多いので、金銭的な負担は大きくなりがちです。

都道府県別の平均費用については分からないことが多いですが、どうしても知りたい場合はインターネットで検索してみることがオススメです。

具体的な数字は分からないですが、大体の平均は導き出すことができます。お金はいくらかかってもよいというのであれば、たくさんの人を呼んで大規模に行うのもよいでしょう。

日程を調整したり、食事の用意をするのは大変になりますが、故人を気持ちよく送り出すことができますし、賑やかなので寂しさを忘れることもできます。

葬儀費用の相場、平均額は??

先ほどの説明で葬儀費用の平均額の探し方や、都道府県別の平均費用について少し理解が深まったでしょう。

次は葬儀費用の相場と平均額についてさらに細かく掘り下げていきます。

主な出費として、まずは会場をおさえるためのお金が必要になります。

会場は葬儀会社が運営している施設を使うことが多いですが、希望があれば広い会場で行うこともできますし、市民会館のようなところをおさえることも可能です。

市が管理している場合は予約で埋まっていることが多いので、スケジュール調整が難しいことも多いです。

予約の取り方は非常に簡単で、直接電話をして確認する方法とホームページなどにある申し込みフォームにしたがって予約を行う方法があります。

基本的に平日の昼間しか対応していないので、休日は受付をしてくれないことが多いです。料金はそこまで高額ではないので、10万円から30万円くらいあれば十分おさえることができるはずです。

会場を選ぶときはアクセスも考慮しなければいけないです。駅から徒歩でいける範囲なのか、バスが必要ならば手配をする必要がありますし、送迎をしなければいけないかもしれない場所であれば前もって連絡をしておかないと当日混乱してしまいます。

混乱を避けるためには当日のタイムスケジュールを前もって渡しておき、参加者にも協力してもらうようにお願いしておくことが重要です。

参加者の協力がないとスムーズに進行することはできないので、丁寧な姿勢でお願いするのがポイントです。

参加者はわざわざ時間を使って遠くから来てくれている人もいるので、気持ちよく参加できるように準備はしっかりと行い、失礼がないように接することが大事です。

次は移動にかかるお金を計算していきます。当日にバスを手配する場合は貸し切るためのお金が必要になりますし、台数もしっかりと確認しておかなくてはいけないです。

少人数の場合はタクシーでも良いですし、ミニバンのタクシーであれば7、8人乗ることができるので、一台で十分間に合うこともあります。

お寺に支払うお金も計算に入れなくてはいけないです。

お坊さんは葬儀に参加することもありますし、日本では大事な習慣になっているので、お坊さんに支払うお金も忘れないようにしなければいけないです。

食事も出す必要がありますし、お酒も用意しておいたほうがよいでしょう。

昔はお酒を飲んでも車を運転して帰る人が多かったですが、最近は法律も厳しくなっているので絶対にやめましょう。

葬儀費用の内訳は??

ここまでの説明で葬儀費用の相場、平均額について具体的な数字を導き出すことができるようになりました。

インターネットで口コミを見ることで実際に利用した人の意見を聞くことができますし、葬儀費用の平均額の探し方や、都道府県別の平均費用についても情報を集めやすくなったといえます。以前は情報がまったく出てこないので、高額なお金を請求されても疑いなく支払っていた人が多いです。

葬儀は他人と情報を共有するものではないので、透明性が欠けているという面もありました。

インターネットで検索しても正確な価格がすぐに見つからないのは、情報の共有が出来ていないことが関係しています。

葬儀費用の内訳を詳細に公開している会社は信頼度が高いです。優良な会社を判断するときは、内訳を明らかにしているかどうかを確認するべきです。

どこにどれだけの費用が発生しているのかを確認するのは非常に重要なことで、これを無視して話を進めてしまうと後で後悔することになります。

後で「こんなにお金がかかっていたのか」と驚かないように、最初の見積もりを出す段階で納得がいくまで話し合うことが重要です。

基本的には担当者がついてくれるので、その担当者と納得がいくまで話を進めましょう。

「これは必要ない」というものがあれば遠慮をせずにはっきり伝えることが重要です。

このときに遠まわしな言い方をしてしまうと上手く伝わらないこともありますし、連絡ミスも発生しやすくなります。

このようなミスをなくすためには、担当者と密に連絡を取り合う必要があります。今はLINEのように便利なツールがあるので、電話番号ではなくてLINEの交換をするという選択肢もあります。

LINEであれば時間帯をそこまで意識しなくても良いですし、記録も残るので「言った言っていない」の責任転換もなくなります。LINEは基本的に無料のツールですし、誰でも簡単に使いこなすことが出来るので、連絡手段としては非常に有効です。

電話だと時間帯を気にして連絡できないこともありますし、忙しい時は電話に出るのが難しいこともあります。

メールという選択肢もありますが、メールよりはLINEの方がスムーズにコミュニケーションをはかることができます。

グループで一斉にコミュニケーションをはかることもできるので、連絡漏れもなくなりますし、忘れた時に再確認しやすくなります。

スマートフォンを持っていない人だけ電話連絡をすると良いです。

葬儀費用、都道府県別の平均は??

意外と知らない都道府県別の平均費用、相場などの調べ方が分かったはずです。正確な価格まで導き出すのは簡単ではないですが、インターネットで調べれば葬儀費用の相場、平均額については調べることが十分可能です。

料金のことで分からないことがあれば、葬儀会社に連絡するのも有効な手段です。

見積もりだけをお願いするのは失礼かもしれないと思って躊躇してしまう人も多いかもしれませんが、相手はそれも仕事のうちなので、お願いしても嫌な顔をしないです。

もしも相手が嫌そうな態度を取ったら、その時点でその会社は候補から外してしまいましょう。

そのような会社にお願いしたら嫌な気分になりますし、丁寧な対応をしてくれない可能性も高いです。

故人を送り出すときに嫌な気分にはなりたくないですし、失礼な態度を取る人と一緒の空間にいたくないでしょう。

ホームページを見ただけでは判断できない部分も多いので、そういった細かい部分を見抜くためのコツを教えます。

まずは実際にその会社を利用した人の意見を聞きます。身近にそのような人がいれば、絶対に評判を聞いておきましょう。

悪い評判が多いようでしたら、そこの会社には依頼しないほうがよいです。逆によい評判が多ければ、迷わずそこに決めるべきです。

身近にそういった人はいないというのであれば、インターネットで検索します。

質問系のサイトで質問するのも良いですし、口コミサイトを確認するのも良いです。

専門家に質問をして、数日以内に答えてもらうことが出来るサービスもあるので、できるだけ信憑性の高い情報を集めたい時は専門家が参加しているサイトに質問を投稿するのが良いです。

基本的には無料のサービスが多いですが、中には有料のものもあります。

有料のサービスは質の高い回答を得ることができますし、素早く回答をもらうことも可能です。

インターネット上にある情報は半分くらい間違っているといっても過言ではないです。

裏付けのある情報であれば信じることが出来ますが、出所が分からない情報も多く出回っているので、すべての情報を鵜呑みにしてしまうのは非常に危険です。

専門家が回答してくれるサービスはそういった心配は必要ないですが、誰でも簡単に使うことができるサービスだと間違った情報を流している人もいます。

特にSNSは誰でも意見を言うことができる場所なので、しっかりと調べないでいい加減な情報を流してしまう人がいるので要注意です。

葬儀費用の平均。都道府県別の平均費用についてのまとめ

葬儀費用の平均。都道府県別の平均費用について

最後はここまでの説明の要点をまとめていく作業を行います。

葬儀費用の平均、都道府県別の平均費用についてのまとめも行います。

葬儀にかかる費用は色々あり、会場に支払うお金だけではないです。

参加者のために移動手段を用意したり、食事の準備をする必要があります。

参加する人に迷惑がかからないように、段取りはしっかりと行わないといけませんし、スケジュール調整も行う必要があります。

参加者とは密に連絡を取り合い、なるべく負担が少ないような気遣いをしてあげるのが主催者としての常識です。

不満の声や意見にもしっかりと耳を傾けて、柔軟に対応することも重要です。

このときにしっかりと対応することで周りからの信頼も向上しますし、良い評判が広まるのでまわりまわって自分に良い影響を及ぼします。

自分都合で考えるのではなく、参加者の目線に立って考えることで、やるべきことが見えてくるはずです。

自分の都合で考えてしまうと、参加者にとっては不満がたまるものになってしまいます。

葬儀は時間とお金を使って参加するものなので、感謝の気持ちを持って接することを忘れないようにしましょう。

食事の準備は数回行う必要があります。

レストランやホテルで昼食を食べて、夕食は自宅で振舞うことも多いので、2食分考えておかなければいけないです。

レストランやホテルの場合はコース料理が多く、飲み放題をつけることもあります。

コース料理なので食べ終わるまでに1時間以上かかることを把握しておきましょう。

忙しい時や、用事がある人は食事をしないで解散になることもあるので、その場合はお土産を渡して感謝の気持ちを伝えます。

夕食まで一緒に食べるのは近しい人や親族なので、そこまで気を使う必要はないですが、最低限のマナーを守って行動することを忘れないようにしましょう。

酔っ払って失礼なことを言ったり、なるべく雰囲気を悪くしないように頑張ります。

食事が足りなくなると失礼なので、少し多めに食事を用意しておくことが重要です。

手作りが大変な場合はデリバリーなどを使うと良いです。定番はお寿司などの和食ですが、洋食やイタリアンなども悪くはないです。

色々な種類の食事を用意しておくと気が利くなという印象を与えることが出来ます。

会場、移動、食事などに全て費用を頭に入れておき、総合的にどのくらいかかるのかを計算しておくと良いです。意外と出費が多いのが葬儀なので、事前に下調べをしておくと良いです。