葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用のローンについて


葬儀費用のローンについて

葬儀は意外とお金がかかるもので、規模が大きくなればなるほど必要なお金も高額になっていきます。

相場というのは基本的に存在していないので、どこまでこだわるかということが非常に重要になります。

こだわりは個人差があるので、故人のために大規模なお葬式をしたいというのであれば数百万円かけることも珍しくないです。

芸能人の大御所の人が亡くなると、広い会場を用意して数百人を集めてお葬式をすることもあります。

一般人でそこまでお金をかける人は少ないですが、大手の会社の社長や役員になると芸能人のような規模でお葬式をすることもあり得ます。

最近ではスマートに葬儀を行うのが増えていて、一昔前のように派手に葬儀を行う例は少なくなっています。

結婚式も同じような考え方が広がっていて、スマートに結婚式を挙げるカップルが増加してます。結婚式にお金をかけるのであれば、そのお金を節約して新婚旅行にまわしたり、婚約指輪の予算にするほうが賢いお金の使い方です。

現代社会は情報が溢れていますし、インターネットで検索すればお得に結婚式を挙げる方法は見つかります。

今の若い世代は景気が良い時代を知らないので、現実的に物事を考えるカップルが多く、お金の使い方も賢くなっているのが特徴です。

堅実に貯金を行い、無駄な出費をしない傾向が強いです。葬儀に関してはまだまだそういった考え方が浸透していないですが、少しずつ無駄な費用をかけないスタイルが流行していくでしょう。

葬儀はお金がかかるものなので、ローンを組むことも可能です。

ローンを組むことで一回に支払う金額をおさえることができます。

サラリーマンの場合、毎月の給料は決まっていますし、副業でもしない限りいきなり大金を稼ぐことはできないです。

まとめてお金を支払うのが難しい場合は、ローンを組んで月々少しずつ支払うほうが家計の負担は少なくなります。

自動車を購入するときと同じような感じで、長期のプランを組んだりすると総支払額は多くなります。

頭金が無いとローンを組むのが難しい場合がありますが、安定した職業であれば問題なく審査に通るはずです。

審査に通りやすい職業は上場企業の正社員、銀行員や公務員などです。

自営業者でも高収入の弁護士や開業医などは審査に通りやすいです。

派遣社員や契約社員、フリーターの場合は審査には通りにくくなりますが、一定の条件を満たせば問題ないです。

フリーランスの場合は収入証明書などがあると良いです。

葬儀費用はローンで支払いできる??

お葬式は意外とお金がかかるもので、しっかりと計画をたてておかないと後でお金が足りないということになります。

計画はどのようにたてるのが良いのか、分からない人もたくさんいると思うので、今回は分かりやすく説明していきます。

まずは必要なものを書き出してみると良いです。ノートやペンを使ってメモをとるのも良いですが、今はスマートフォンの便利な機能があるので、スマートフォンに記録していくのが良いです。

日程や参加人数はもちろん、連絡先などもしっかりとメモをとっておくと後で情報を整理しやすくなります。

お葬式は何度も経験することではないですし、喪主をつとめるのも人生で1回か2回くらいでしょう。

誰でも最初は分からないことだらけなので、焦る必要はないです。

分からないことがあれば質問リストを作成して、お葬式を担当してくれる会社に聞きましょう。

聞きたいことを用意しておくと担当者も話を進めやすくなりますし、トラブルを防ぐこともできるので非常に便利です。特に料金のことは分からないことが多いので、必ず聞いておくほうが良いです。

ローンのことも初心者には分からないことが多いので、気になる部分は必ず解決しておくようにしましょう。

必要なものを聞いておき、事前に準備をしておけば時間短縮にもつながります。

ローンを組んだことが分かると思いますが、審査に時間がかかることもあります。

最短で翌日から3日で、長いときは1週間以上かかることもあるので、余裕を持って早い段階から手続きをしておくべきでしょう。

ローン会社と葬儀会社が連携していれば話が早いですが、そうではない場合は時間がかかることもあるので理解しておく必要があります。

費用のことは後回しにせずに、最初の段階で解決しておくほうが良いです。

基本的なことですが、葬儀費用はローンで支払いできるのかというのも必ず確認しておく必要があります。ローンを組むことができない場合を考えて、あまりお金をかけない方向で話を進めておくとよいでしょう。

葬儀はこだわればどんどん高額になっていきます葬儀会社の立場からすると、色々なオプションをつけてもらったほうが利益につながるので、何でもOKしてしまうと予想外の出費が重なることになるので要注意です。

一括で支払うのであれば家計を圧迫しないように余裕のある金額で葬儀を行うほうが良いです。

早めに見積もりを出してもらい、料金を細かくチェックしておくべきです。

葬儀費用ローンのメリット

新車を購入する時に、現金一括で購入する人は少ないです。

お金持ちの人であれば現金で一括購入することもありますが、基本的には月々の支払いにする人が多いです。

理由は人それぞれですが、一番多い理由は手持ちの現金が足りないからです。

気軽に数百万円を支払うことができる経済力を持っている富裕層は一握りで、日本の人口だと全体の数%です。

多くの人がローンを組んで毎月数万円を支払っていくというスタイルを選択します。

月々の支払いにすることでトータルの支払い金額は多くなりますが、メリットもあります。まずは一度に高額な費用を支払う必要がなくなる点です。

会社員の場合は毎月入ってくるお金は決まっていることが多いです。

一度に数百万のお金を支払うとやりくりが大変になるので、少しずつ返済していったほうが負担は減ります。他にも計画をたてやすいというメリットもあります。

毎月の出費が明確になるので、長期的な返済計画をたてることができます。

毎月の収支がハッキリするので、どのくらいのお金をどこに使うべきなのかということも明確になります。

葬儀費用ローンのメリットも同じで、計画をたてやすくなりますし、ちょっと高いプランにも申し込むことができます。

故人のために盛大に葬儀を行いたいという場合は、手持ちのお金が足りないということもあり得ます。

その時はローンを組むことで満足度の高い葬儀を実現することができます。

葬儀費用ローンのメリットは他にもあります。

故人がお金をたくさん残してくれて、そのお金を自由に使うことができる環境であれば、お葬式を盛大に行うことができますが、生前お金を貯めていない場合は残された家族が困ってしまいます。

残された家族には生活があるので、お葬式のために生活費を削るようなことはできないです。

そこで便利なのが葬儀費用ローンです。

これを使えば無理なくお葬式を行うことができますし、家計の負担も軽減することができます。

残された家族は自分達の生活を最優先にするべきですし、故人を思う気持ちを忘れなければお葬式は質素でもまったく問題ないです。

昔の人はお葬式や結婚式にはたくさんお金を使うべきと言いますが、最近はその逆の流れになっています。

なるべく無駄なものは省いていき、スマートに行うのが主流になりつつあります。

スマートに行うことで家族の絆も深まりますし、家族や近い身内だけでお葬式をすれば色々な費用を節約することができます。

葬儀費用ローンのデメリット

葬儀費用ローンのデメリットは、トータルで支払う金額が増えてしまうというところです。

お金を借りるということになるので、そこには必ず利息が発生します。

利息は高いものではないですが、積み重なると結構な金額になります。

これを無駄と考えるのか、仕方がないものだと割り切るのかは個人の考え方次第です。

当然ですが、借り入れする金額が多くなると毎月の支払い額も多くなりますし、長期間支払いが続く可能性も高くなります。

長期間になれば利息も膨れ上がりますし、最終的な支払い金額は高くなってしまいます。

できれば短期間で完済してしまった方が良いですが、金銭的な理由で難しいことも多いです。

最悪の場合は支払い難しくなり、借金が膨れ上がる危険性もあります。

借金が増えると金融系の審査に通りにくくなりますし、その後のローンの審査も厳しくなります。

クレジットカードもゴールドやプラチナなどのハイグレードなものは作れなくなりますし、住宅を購入する時にも審査に影響が出てしまいます。

無理のある返済計画はたてないようにして、余裕を持って返済できる金額にしたほうが良いです。

葬儀は意外とお金がかかるもので、相場が分かりにくいです。インターネットで検索しても具体的な料金などが記載されていないことが多いですし、地域によってお寺に支払う料金もばらつきがあるので、詳細な料金を導き出すのが難しいです。

会場の予約だけではなく、レストランやホテルなどの食事をするところの予約もしなくてはいけないです。

参加する人数が多くなれば広い会場を用意しなければいけないですし、予約するお店も大人数OKのところを選ばなければいけないです。

お店によっては20人以上は不可能というところもありますし、貸切にしないと利用できない場合もあります。

前もって人数を把握しておくのは非常に重要なことです。

ローンを組む時は全ての費用を計算して、十分支払うことができる金額を用意するようにしましょう。

お金が足りないとなると、追加で借金をすることになるので、家計を圧迫することになります。

余裕を持って生活できるようにローンを組むのですが、ローンを組んだことで逆に生活が苦しくなるということもあるので気をつけましょう。

特に安定した収入がない世帯などは返済能力がなくなってしまうこともあり得るので、無理のない返済計画をたてるようにします。

金銭的に苦しい状況であれば、小さいお葬式にするという方法もあります。

葬儀費用ローンのまとめ

葬儀費用のローンについて

これまでの説明でお葬式のお金のことについて理解が深まったはずです。大事なことなのでインターネットの情報をそのまま信じてしまうのではなく、実際に葬儀会社に聞いて判断するの方が良いです。

インターネット上には正しい情報があれば、間違った情報もたくさん流れています。

誰かが信憑性が低い発言をして、それが噂になって広まってしまうこともあります。

それがいつしか常識になってしまい、ルールになることも少なくないです。

正しい情報を判断するためには、見極める目を養う必要があります。

分からないことがあるときはそれを放置するのではなく、納得できるまで担当者に質問をしましょう。

お金のことで相談がある場合は、ローンを検討するのも良いです。

まとめて葬儀の費用を支払うのは経済的に大きな負担になりますし、まとまったお金をすぐに用意できる人は少ないです。

そこでローンを組むのですが、このときには必ず審査があります。

審査では何を見ているのか、これは簡単にいうと返済能力があるのかというところだけです。

毎月安定した収入がある職業であれば信頼性が上がりますし、浮き沈みがある業界で働いている場合は審査はやや不利になります。

一般的に自営業は浮き沈みがあるという判断になるので、芸能人やお笑い芸人さんは審査が厳しくなります。

本人に返済能力があるかどうか分からないという場合は、保証人を用意したり保証会社と契約を結びます。

葬儀にかかる費用はバラバラですが、大体50万円から200万円くらいです。

もっと安くおさえることも可能ですし、もっとお金を使って盛大に行うこともできます。

葬儀にかかる費用はどのくらいの規模で行うのか、参加する人数は何人なのか、こういった部分が大きく関わってきます。

できるだけ費用をおさえたいのであれば家族のみ、親族のみで行うのが理想的です。少人数では寂しいと感じる人も多いかもしれませんが、意外とそんなことはないです。

思い入れがない人をたくさん呼んでもあまり意味がないですし、少人数でも故人を思う気持ちがあれば良いお葬式です。

葬儀費用とローンのまとめをすると、用意するべきものは明確になります。

はじめてお葬式をする場合はメモをとるほうがミスが減ります。

スマートフォンのアプリやツールなどを使って、気になることなどをメモしておくと後で振り返ったときに頭の中を整理しやすいです。

必要なもの、連絡するべき人などをまとめておくと便利です。