葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用でのケンカについて


葬儀費用でのケンカについて

葬儀には、多額の費用が掛かり、総額で数百万円単位必要になる事は珍しくありません。昨今では時代や価値観の変化によって色々な葬儀プランも登場する様になりました。中にはとても安く済む物もありますし、故人が生前に自身の他界を見越して、葬儀用の保険を掛けている場合等も珍しくありません。ですので、場合によっては費用面で差ほど困らないで済む目算が立つ様な事もあります。ただ、その場合にも、幾つか注意しておくべきポイントが出て来ます。

まず、親族間での意思統一がしっかり行われているか否かです。昔日に比べて、昨今は個人主義が主流になってきています。葬儀についても、自分達家族の事であるのだから、他の親族に対しては事後承諾の様な形で構わないのではないかという考えも無いではありません。

ですが、『死者を弔う』という行為は、信仰や心情等扱いが難しい多くの機微が関わってくる物です。例えば費用が安いという事で、僧侶を呼ばず、直葬にしてしまったりすると後でお別れを告げられなかったという事で親族と酷いケンカになってしまう事も有り得ます。場合によっては、故人が所属していた菩提寺とまで揉めてしまう事もあり、お墓に遺骨を入れてもらえなくなってしまったというトラブルも実際に起きています。

そういった問題を考慮するなら、身内が他界した場合は、まずは親族と菩提寺に相談する事が何よりも重要となります。ちなみに、相談した後でも費用負担の事で見解の相違が出てしまい、揉めてしまう様なケースも無いではありません。ただ、それでも事前に相談するのとしないのでは、後で大きい差が出て来る物です。親族との話し合い等で自信が無い場合等は、菩提寺と話し合う機会を普段からさり気なく増やしておいて、お金を安くする方法を菩提寺経由でアドバイスしてもらうというのも1つの考えです。

他にも、親族以外にも葬儀社との間で費用トラブルが発生する事もあります。故人の他界で動揺している時に、段取をまとめて取り仕切ってもらえるという会社の広告等を見ると全てを依頼してしまいたいという気持ちになる事も十分有り得ます。ですが、もしも会社任せにしてしまうと、あるいは花や料理のグレードを高く設定されてしまい、最終的に数十万円から数百万円の違いが出てしまう様な事もあります。

これ以外にも、広告ではとても安い金額で書いてあったけれど、実際に細かい内容を見ると追加料金が発生して結果として、高額を払う事になってしまったというパターンも珍しくありません。その点を考えるのであれば、必ず詳細を確認してから依頼する事が何よりも重要です。

葬儀費用で葬儀社とケンカ??

葬儀費用で葬儀社とケンカになってしまうトラブルを避ける為には、まず、仕事の依頼前に見積書やオプションの内容を熟読する様にして下さい。例えば多いトラブルでは『安いと思って依頼した葬儀オプションだったけど、後になってから高額請求されて愕然とした』というパターンがあります。この場合は火葬場利用料金や運営スタッフ人件費が、とても小さい字で注意書きされている事が多いです。勿論1つずつの項目をしっかり説明してくれる様な会社もありますが、余りに分かり難い見積書を提出して来たり、追加オプションを当初で言ってきた以上に勧めてくる様子が見受けられる様でしたら、その会社への仕事の依頼は回避した方が無難です。

ちなみに、見積書で必ずチェックすべきポイントは3点程でまず筆頭に来るのは火葬場利用料金になります。これは御遺体を火葬する為に火葬場を使う料金の事で、どの地域でも有料ですが利用料が地域や運営団体により違う事がチェックポイントです。全国一律で統一料金では無いと考えておけば齟齬がありません。

次に、搬送料金の項目をしっかり見る様にします。例えば病院で親族が亡くなったとすれば、御遺体を『病院から安置所』『安置所から火葬場』までの2回程動かす際の搬送費になります。此処に本来の搬送とは関係ない記述等が含まれていないかを必ずチェックする様にして下さい。

そして最後が、ドライアイス料です。法律により、現在の日本では人が死んでから24時間経過しないと火葬出来ない事になっています。勿論、状況によっては24時間後に即火葬する様な事も考えられないでは無いですが、「お亡くなりの日」「通夜式の日」「告別式の日」という事で大体3日は通常御遺体はそのままにされる事が多いです。その事を勘案するならば、最低でも3日分のドライアイスが防腐処置として必須の物となります。

色々な事情があるにしても、まずはこの3点はどんな形式の葬儀であろうとまずは省く事は無いポイントであると考えて下さい。これがあった上でそれぞれ献花の類であったり、料理や宿泊場所の手配等であったりで、料金の高低が決定する事になります。勿論、必須事項の3点も希望によって値段が違うプランも葬儀社は用意してくれますが、その説明が納得行く物かどうかには常に注意を払っておかなければいけません。少しでも疑問に思う事があれば質問する事が、何よりも重要です。色々な状況があるので、一概にも言えませんが『会社に完全お任せプラン』の様な物は後でケンカになる事を避ける事を考えるならば、可能な限り避けた方が無難になります。

葬儀費用の遺族のケンカについて

葬儀費用で遺族がケンカにならない様に注意する為には、まず誰が葬儀費用をどういった形式で負担するかをハッキリさせておく事です。ちなみに、その為の親族集まっての話し合いは信仰や心情等扱いが難しい問題も含めた上で、最も妥当な金額を考える段取ですので、単純に高い安いで決められる様な話ではない事を意識する事が重要になります。

押えておきたいポイントとしては、まず一般的に葬儀を主催する喪主は、故人と血縁関係が深い順番か故人が遺言で指名した人が務める事が一般的であるという点です。ただし、法的に決まっている強制力のある様な話では無く慣習的な物ですので何らかの事情で第1候補が行えない場合は、他の人が代行しても問題ありません。喪主は葬儀の手配や挨拶状等の作製等、やらなければならない事が多い重要な役目であり、費用問題も最も気にしなければならない立場ですので、まず誰がやるのかを必ず明確にしておかないといけません。一般的には、喪主が全費用を負担する事となります。ちなみに、義理の親が亡くなった場合でも喪主が払う物であるという事も押えておきたいポイントです。

ただ、喪主になったけれど葬儀費用を工面する程の持ち合わせが無いという様な事態も有り得ます。その場合には、遺産で支払う方法があります。ただ、遺産相続との難しい兼ね合いもありますので、もしも遺産で工面を考える場合は、必ず他の相続人と話し合って了解を得る様にしておく事が重要です。この段取を省いてしまうと、後で『使った分の遺産を現金で返却せよ』という事でケンカになるケースもあります。

他には、儀式方面の段取を取り仕切る喪主の他に、金銭面等の実務面を取り仕切る人という事で施主が居る事もありますので、施主の方に不足分を負担してもらうという手段がある事もポイントです。喪主と施主は兼任である事が多く場合によっては居ない事も少なく無いのですが、喪主に当たる人物が幼い子供であったり、体調を酷く崩してしまっている等という状況も少なくありません。そういった時には、喪主と施主を別々にして、実質的に親族が全工程を取り仕切る事も多いです。

勿論、決して安くはないお金が掛かる以上は、事前にしっかり相談しておかないといけませんし、親族の誰が取り仕切るのかも明確化しておかないと後でケンカになる可能性は出てきます。半額ずつ持つのかそれとも全額負担してもらうか、もしくは信仰と心情面等でどういう形式が良いのか等で、難しい話し合いになる事もありますが、それでもトラブル予防の為には、知っておいて損は無い手段と言えます。

葬儀費用でケンカを起こさないために

葬儀費用でケンカを避ける為に最も重要な事は、故人の他界前に場合によっては本人も含めて葬儀の細かい段取を決めて置く事です。死別関係はどうしても話題として、忌避したくなる物ですし現実感が湧かないという事で後回しにしがちなのは仕方の無い所もあります。ですが、現実として人が1人亡くなった後の手続きは相続も含めて、とても多くの手間が掛かります。

長年介護していた親族が他界した等のケースの場合は、その反動で介護を担当していた家族が大きく体調を崩してしまう事も少なく無いですし、遺産関係の問題も実際目の前にしてみるとそれぞれの主張が相当に食い違ってしまい、大きく揉める様な事も十分出て来ます。そういった難しい段取を、誰かが亡くなった後に0からスタートさせるのは、デメリットの方が大きいと言わざるを得ません。

何かを考えるにしても、精神に余裕がありませんので、余力がある内に話し合うべき事は全て話し合っておき、故人の葬儀を実際に出す段取になった時には決まったプランをそのまま実行すれば良い様な形にしておいた方が、ゆっくり故人を悼む時間も出来るという物です。
後は、信仰や心情の問題という事で菩提寺関係の事も、しっかりまとめておく事も重要になります。葬儀には僧侶が必須になりますが、この時に僧侶にお布施を支払う必要もあり、もしも金銭的に苦しく一定以上の額を出す事が難しい場合は事前に相談しておいた方が良いです。宗教の性質上、お布施とは仏教への敬意の意味合いの物で、一般的に定価が決まっている物ではありません。その点で言うならば、金額が安くなったとしても理屈の上では問題は無いです。

ただ、事前に難しいという事情を説明した上での減額と、そうでない場合ではやはり悪い印象を持たれてしまうリスクが否めません。お寺によっては、お寺でやっている事全般に関する事務局を開設している事もありますので、もしも確認出来た場合には必ず相談する事をお勧めします。

菩提寺との関わりは、その時だけで終わってしまう物では無く、場合によっては次代以降も続く事になる長い物になります。そういった事を考えるのであれば、突然こちらの事情で全てを決めてしまうのではなく、事前にコミュニケーションを取っておく事が何よりも重要です。場合によってはお彼岸等の行事の際に頻繁に顔を出す様にして、葬儀関係の話等を何となく聞いてみると言った事等も1つの選択肢と言えます。毎回顔を出してくれる人なのか、そうでないかによってもやはり対応が変わってくるのは、どんな場合でも共通です。

葬儀費用でケンカについてまとめ

葬儀費用でのケンカについて

葬儀費用によるケンカが発生する原因は、『十分な下調べをしておかない事』と『事前に十分な話合いをしておかなかった事』の2つに絞られて来ます。例えば、昨今価値観の変化等により葬儀にも、色々なプランが登場する様になりました。中には値段がとても安い物もありますが、注意しておかないと『見積書の下の方に小さく追加料金の記述がある事に気付かなかった』という様な事で、後で高額請求されてしまう様な事も十分に有り得ます。

葬儀に最低限必要な必須項目は『火葬場利用料金』『搬送料』『ドライアイス料』の3項目です。その上で、オプションとして花や料理のグレードだったり、宿泊場所の手配サービス等が付いて来て料金の増減が決まる事になっています。ですので、見積書の中に本来の段取に不要な物が無いか、もしくは意味が分からない記述が無いかと言った点は必ずチェックしないといけません。それぞれの項目について、しっかり説明があり納得出来るのでしたら構いませんが、不明点や曖昧な部分が多すぎる場合はそういう会社への依頼は避けた方が無難です。その為にも、『十分な下調べをする事』を必ず忘れない様にして下さい。

親族関係のトラブルの方は、誰を喪主にするかが曖昧だった場合に多く出て来ます。喪主はその人と近しい血縁順か、遺言で指定された人がなる物です。ただし、法的義務は伴いませんし、他の人が代行するのでも構いません。決して安くはない金額が掛かりますので、場合によっては施主を設定しておき不足分を補ってもらわなければいけない事もあります。他にも、遺産で払う手段も無いではありませんが、どの手段をするにしても重要なのは事前の打ち合わせです。もしも、打ち合わせ無しで独断で断行してしまうと、遺産を使った場合は他の相続者から、使った分の返還を求められたりしてとても大きく揉めてしまうリスクがあります。

これは菩提寺の扱いも含めた心情と、信仰面での対応でも同様です。葬儀は、他の行事と違って繊細な部分が多く関わってきます。その辺りへの配慮が足りないと、後で想像以上のトラブルになってしまう事も珍しく無く、場合によっては遺骨をお墓に入れてもらえないケースもあります。僧侶へのお布施関係もそうですが、葬儀に関係する事の場合は特に『事前に十分な話し合いをしておかなかった事』は大きい痛手になりやすいと考えて下さい。
親族対応についても、外見からは分からないだけで、とても信心深い人であり儀式を重視している事も多いですので、行き違い防止の為にも費用面と同時にこれらの問題も必ず意識しておく事をお勧めします。