葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀費用として位牌代金は控除されるのか?


葬儀費用として位牌代金は控除されるのか?

税金の葬儀費用の控除ですが、大きな負担を背負ったり損をしない為に、しっかりと把握しておくことが大切です。
葬儀の負担は遺族が負うのが理想的で、故人が遺族に残す債務ではないです。
ところが故人が亡くなった後に負担が発生しますから、遺族はその負担を避けることが難しくなります。
幸い、葬式費用に相続税は課税されないので、上手く控除できれば負担が最小限に留まります。
一般的に葬儀費用に該当するのは、通夜や告別式で発生した費用や、飲食関係にお手伝いへの心づけなどです。
香典の返戻や墓碑に墓地、法会に関する出費は当てはまらないとされます。
となると、これらに関連する負担も控除対象外になる可能性が高いので、位牌についても自ずと分かってくるはずです。
香典返しやお墓周りの購入、借り入れに要するお金などは、控除の対象ではないどころか、控除してはいけないものに該当します。
つまり、葬儀の費用にすら当てはまらないので、位牌も同様に対象外と考えるのが自然です。
逆に控除できるものについては、葬式や葬送にお布施、読経料や戒名料と火葬、埋葬に納骨といった負担です。
遺骸や遺骨の回収費に、遺体の捜索や運搬に関しても、葬式の範疇に含まれるものに分類されます。
勿論、実際は控除が無条件ということではありませんし、社会通念に反すると判断されれば、控除の対象外になることも考えられるでしょう。
いずれにしても、位牌が葬式の一式に含まれるものではないこと、控除してはいけないものとなっているのは確かです。
位牌は元々、墓石に刻む彫刻と同じく非課税ですから、更に控除が行われると辻褄が合わなくなります。
葬式に関するお金が税金の控除対象になるかどうかは、葬儀一式に含まれるか、非課税か確かめれば分かります。
墓石のように明らかな控除対象外は分かりやすいですが、それ以外は確認しないと分かりにくいものです。
制度を上手く活用すると、節税効果に期待できますし、無駄を減らしつつお得な結果を手に入れられます。
ただし、判断を間違えたり税申告書の内容に誤りがあると、最悪税務調査の対象になるので注意です。
何でも控除できると勘違いして、あれもこれも節税できると決めつけてしまえば、本来の負担よりも大きな負担が発生しかねないです。
その為、位牌を含めて葬式に関する負担が控除できるか否かは、項目を1つずつ確認して確信を得ることが重要です。
課税対象と非課税、控除できるものと不可能なものは、葬式の範囲と各項目を確かめると明らかになります。

葬儀費用として位牌代金は控除される??

位牌代金が控除対象かどうかについては、葬儀費用に含まれるか否かで判断できます。
墓碑および墓地の買入費、並びに墓地の借入料においては、葬式費用に当てはまらないと定義されています。
葬儀費用一式に加えることはできませんし、購入費を課税対象と見たり、控除を適用することも不可能です。
残念ながら位牌代金は控除されないので、節税できてラッキーとはならないです。
理由としては、お墓同様に必要性が高い一方で、葬式と直接関係がないことから葬式費用に該当しないというものです。
葬儀費用の控除は、負担が葬式に含まれるかどうか、葬儀一式に該当するか否かで判断されます。
位牌は遺族にとってなくてはならないものですが、葬儀に必要かといえば別です。
控除できそうでもできないのが現実なので、基本的には諦めた方が良いでしょう。
しかし白木で作られているものについては別で、葬式の際に用いられることから控除対象になる可能性があります。
いわゆる本位牌は、葬式の祭壇ではなく仏壇に祀るのが目的ですから、葬式に関する負担ではなく、控除の対象にならないのも納得です。
葬式の控除はこのように、似たような項目で控除対象の可否が違ってくるので、理解しているつもりでも再確認することが大事です。
控除される可能性がある項目は、対象だから必ず控除が適用されるわけではなく、社会通念に照らし合わせて個別に判断が行われます。
そもそも、位牌は絶対に必要かといえばそうではありませんし、製作しなくても葬式に支障はないです。
仏壇に存在しないと流石に違和感を覚えさせますが、必要性で判断すると作らなかったり置かなくてもOKとなります。
絶対的な必要性がないものについて、控除対象になるとしたら不自然なので、代金が控除対象外なのは当然として頷けます。
もし節約をしたいなら、装飾を控えめにした手頃なものを製作するに留めるのが現実的です。
素材や仕上げに拘ると、金額が上昇して負担が増しますから、なるべくシンプルに製作を行うのが良いでしょう。
仮にもし控除対象であれば、金額をあまり気にせず高級素材や立派な仕上げを選べますが、現実は葬式に含まれず控除対象外なので、比較検討や購入で工夫するのが得策です。
控除がほぼ絶望的な以上、あえて製作しないという選択肢もありますが、仏壇にあって当然のものを作らず置かないのは不自然です。
必須ではないですが、あるのとないのでは気持ちや精神的に違ってくるので、控除には期待できないとしても、やはり低価格のものでも製作するのが賢明でしょう。

葬儀費用として位牌代金は控除されるのか?まとめ

葬儀費用として位牌代金は控除されるのか?まとめ

控除対象の葬儀費用を考えると、葬儀一式の通夜や本葬が控除されるのは当然です。
一式にはお布施と読経料や戒名料も含まれるので、これらも控除対象として処理できます。
日本で定番の火葬や埋葬、納骨も葬式費用の一部ですし、遺骨の保管や管理についても同様です。
このようにどこまで控除されるかは、葬儀費用に含まれるかどうかで決まります。
他の項目を条件に照らし合わせてみると、例えば香典返しは葬式費用に含まれず、非課税で控除できないことが理解できます。
香典を受け取らない返礼品に関しては、葬式費用に含むことができるので、控除対象になります。
墓碑や墓地の買入、借入料も非課税で、位牌や墓石の彫刻も葬式一式に加えることはできないです。
つまり控除は不可能ですから、お墓周りに関する負担の控除は諦めるのが無難でしょう。
初7日や49日に1周忌など、葬式の後に営む法要についても、葬式には直接関係しないので会計的に別扱いです。
当然ながら控除はできませんから、負担を軽減するのは難しいといえます。
他には、医学上必要とされたり、裁判で判断が行われた解剖費などについても、葬式とは無関係なので控除対象外です。
位牌が葬儀の一式に含まれるか、葬式に直接関係するかといえば、関係ないと判断したり捉えるのが自然です。
結論からすると、位牌代金を控除対象の葬儀費に組み込むのは非現実的で、非常に難しいのは明白です。
葬式の場で用いる白木は例外ですが、安価で手に入るものですから、控除しても節約できる金額は限られます。
本位牌については、控除されるかどうか以前に、控除してはいけないものとされています。
控除の対象にすらなっていませんから、期待すること自体が間違っているともいえるでしょう。
葬式や墓石、仏壇に法要は全て繋がっているイメージですが、法律的な定義や解釈では葬式一式とそれ以外に分けられます。
会計も違ってきますし、控除の判断を行う税の種類が異なることもあるので、改めて個別に確かめる必要がありそうです。
位牌に関して分かっているのは、葬式一式とは関係がなく、必ずしも必要なものではないことです。
葬式の負担とは別扱いで、一般的には相続税の控除対象に含まれないと考えられています。
どちらかといえば、葬式の後に負担が発生しますから、葬式の一部として捉えること自体に無理があります。
控除されるか否かの2択だと、控除されないと考えるのが妥当で、相続税の控除対象にはならないと結論づけられます。