葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

お墓と一緒に墓誌も必要?検討する上で知っておく役割と費用相場


お墓と一緒に墓誌も必要?検討する上で知っておく役割と費用相場

お墓の横に建てられる石碑のことを「墓誌」といいます。

墓誌には、納骨されている故人の名前や戒名、没年月などが彫刻されます。

墓地のスペースによっては、墓誌を建てることが難しいこともありますが、墓誌も必要なのか、どれぐらいの費用が必要なのか、相場はどれぐらいなのかを知っておくと便利です。

お墓は、故人を埋葬し、同時に生きている家族などが祈りを捧げる場所でもあります。

お墓に行くことによって、自分たちの祖先に会い、語りかけることができるという場所になります。

そんなお墓の費用は、墓誌があるかどうかなどによって大きく変わってきます。

一般的なお墓の相場としては、145万円〜205万円ほどになります。

この費用の内訳としては、墓地や霊園の土地を借りるための永代使用料が全国平均で約25万円〜30万円ほどになります。墓石代としては全国平均で約120万円〜175万円ほどです。

これらに加えて、墓地や霊園に墓所を管理してもらうために定期的に支払う管理費として2000円〜1万5000円ほどかかります。

ただし、これらはあくまでも全国平均であって地域によってお墓にかかる費用は大きく異なるため注意が必要です。

誰が埋葬されているかを明確にするためには、墓誌を建てるケースもあります。墓誌はあってもなくてもよく、墓石に戒名などを彫刻することができれば必要がないものです。

ただし、墓石に戒名を彫刻する余裕がない場合や、隣の墓石との距離が近すぎてしまって彫刻が読めない時などには墓誌を建てた方が良いとされています。

墓誌を単体で建てる場合には、5万円〜20万円前後と費用に幅が広くなっています。一般的には、新しく墓を建てる際に、墓石と墓誌をセットで購入した方が安くなります。

墓誌の価格は、石材や大きさ、デザイン、彫刻する内容によって変わってきます。

墓石でもそうですが、石材が一番価格に影響します。

また、新たに亡くなった方の戒名を一人当たり3万円〜5万円で追加彫刻することも可能です。

お墓と一緒に墓誌も必要?検討する上で知っておく役割と費用相場