葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

樹木葬で後悔しないために知っておくべきこと


樹木葬で後悔しないために知っておくべきこと

近年では様々な葬儀の種類を選ぶことができますが、その一つに樹木葬が挙げられます。

樹木葬とはどのようなものなのかというと、石のお墓と同じように、墓地や埋葬に関する法律に基づき許可を得ている区画に埋葬する方法です。

同じような自然葬のくくりとして散骨が挙げられますが、散骨は遺骨をパウダー状にして海や空中などに埋葬する方法を指しますが、樹木葬の場合にはこのように粉状にする必要はありません。

これから樹木葬を考えているのであれば、後悔しないために費用ややり方など事前に様々なことを頭に入れておく必要があるでしょう。

樹木葬を考えて自然あふれる里山タイプを選ぶのであれば、アクセスには十分注意しなければなりません。

樹木葬を大きく分けると里山タイプと公園タイプの二つに分かれます。

公園タイプとはコンクリートなどで区画整理されている場所で、里山タイプの場合には区画整理もあまりなされずに、道も舗装されている場所とは言えません。

林や山など広い土地を使った場所が多いので、駅からのアクセスもあまり良くないケースが見られます。

このような場所であれば、お墓参りに訪れる家族も利用しにくく、また現在はよいかもしれないけれども高齢になった時に大変になる可能性もあるので十分に注意しましょう。

そしてあとから遺骨を取り出したいと考えるのであれば、埋葬方法に注意しなければなりません。

樹木葬を行った後の遺骨を取り出して、ほかのお墓に埋葬する予定があるケースも多いものです。

このような場合に、遺骨を直接土の中に埋めてしまうと、のちに一つだけを取り出して移動させるのは困難となります。

このような場合には、一般的なお墓と同じように骨壺のまま埋葬する方法がとられている霊園を選んだほうがよいでしょう。

そして費用がかかるのであれば、いつまでいくらぐらいを支払わなければならないのかをはっきりさせておく必要があります。

複数人を埋葬する場合には、埋葬手数料にも十分に注意しましょう。

樹木葬で後悔しないために知っておくべきこと