葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

お葬式へ参列時の数珠について!


お葬式へ参列時の数珠について!

数珠は仏様を礼拝する時に使う仏具で、もともとは僧侶がお経を読む際、回数をカウントするためのものでした。

仏式のお葬式に参列する場合には、絶対に必要というわけではありませんが、持っていくのがマナーとされています。

また、仏具ですから神式やキリスト教式などのお葬式の場合には用意する必要はありません。

数珠には様々な種類がありますが、大きく分けると「本式数珠」と「略式数珠」の2種類があります。

本式は二重になっており、珠は人間が持っている煩悩の数である108個となっています。

また、宗派によって形状が異なるのも特徴です。

略式数珠は、珠の数を簡略化したものであり、個数は108の約数である54・36・27などが一般的ですが、最近ではこれにこだわらない珠数のものも増えてきているようです。

いずれにしても本式より短く一重になっており、宗派に関わらず使えますが男性用と女性用があります。通常のお葬式に参列する目的であれば、略式で構いません。

材質には木や宝石・貴石・鉱石、ガラスやアクリルなど様々なものがあります。正式なものであれば材質や色に決まりがある場合がありますが、略式であれば好きなものを選んで構いません。

数珠の使い方ですが、基本的に左手で扱います。合掌する時は左手にかけ、輪の中に右手を入れて手を合わせます。

座っている時は左手首にかけておき、歩くときは房を下にして左手で持ち運びます。焼香の時には左手の親指と人差し指の間にかけておきます。

つまり、基本的にお葬式の間は出しっぱなしにしておくのが正しい作法だということです。

普段は専用の袋に入れて保管します。

席を離れる場合には、いったんバッグや服のポケットにしまうか、置いていく場合はハンカチなどの上に置いておくようにしましょう。

また、数珠の貸し借りはマナー違反とされています。

先述のように宗派・性別ごとに違いがありますし、またお守りや厄除けの意味合いもあるものだからです。もし忘れてしまった場合は、葬儀社に相談してみましょう。

近くのコンビニか100円ショップで売っている場合もあります。

お葬式へ参列時の数珠について!