葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

家族葬の参列者へ失礼にならないよう配慮すべき事と案内の出し方


家族葬の参列者へ失礼にならないよう配慮すべき事と案内の出し方

近年では、参列者を家族や近しい親族などだけに限定して葬儀を行う家族葬が増えています。

多くの場合、通常の葬儀とは違った案内となるため配慮すべきことや案内状の出し方などが異なります。

家族葬を行う場合には、誰に参列をお願いするのかを決めることから始めます。参列を遠慮いただく方たちに対しては、家族葬を行うことと、香典などをお断りすることを伝えるようにします。

参列者に対しては、できるだけ早く伝えるようにすることが望ましいため電話、できるなら直接出向いて伝えるなど連絡漏れがないように配慮します。

案内の出し方としては、電話連絡が一般的です。ハガキでは、出してから参列者の手元に届くまで時間がかかってしまい、間に合わなくなることも考えられます。

急に亡くなってしまったという場合には、連絡が深夜になることもありますが、その場合には夜分に申し訳ないことを伝えるのがマナーです。

遠方に住んでいるという人には、亡くなった翌日には伝えるように心がけます。電話連絡後に、葬儀の日程や場所がきちんとわかるように後日ハガキなどで知らせるというのも重要となってきます。

故人とあまり親しくない知り合いに対しては、葬儀が終わってから通知状を出すという方法もあります。葬儀が終わったことを報告する手紙で、葬儀を行なった日程や呼ばなかったお詫びなどを書いて出します。

身内で行う家族葬だからこそ、参列者と遠慮いただく方たちへのマナーはきちんと行うことが大切です。

家族葬の参列者へ失礼にならないよう配慮すべき事と案内の出し方