葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

今すぐできる葬儀の準備!予め決めておく3つの事と葬儀の流れとは


今すぐできる葬儀の準備!予め決めておく3つの事と葬儀の流れとは

一般的に葬儀は非常に慌ただしい状況で行うことになります。

老衰などで亡くなる予兆があって心構えができている場合を除き、短時間でいろいろな準備をしなければなりません。

とはいえ、あらかじめ以下の3つの事柄を決めておけば、後はそれらを中心として調整していくだけで済みます。

何よりも優先度が高いのは喪主を決めておくことです。

一般的には故人の配偶者が努めますが、それは慣習的なものに過ぎず、他の人が担当するケースも珍しくありません。

したがって、事前に決めておかないと揉めてしまう可能性があります。

2つ目に重要なのは訃報を知らせる範囲です。

いざ亡くなってからでは故人の交友関係が分からず、どの人にまで声をかけたら良いのか判断が難しくなります。

したがって葬儀の準備として、生前にヒアリングを行っておき、誰を呼ぶのか決めておいたほうが安心です。

名前だけを聞いても意味がないので、間柄や詳しい連絡先についても、しっかり確認しておきましょう。

決めておく3つ目の事柄は依頼する葬儀会社です。

一口に葬儀会社といってもたくさん存在するため、どこに頼むべきか短時間では決められない場合があります。

それぞれ特徴が異なるので、自分たちに合ったところを事前に選定しておくことが大切です。

プランも先に検討しておきたほうがスムーズに進みやすくなります。

また、葬儀の流れで最初に行うのは遺体の搬送や安置です。

1日以内の火葬は禁じられているので、遺体は自宅や専用の施設に安置しておくのが基本です。

それが終わったら葬儀会社との打ち合わせを行います。

葬儀をどのような規模や内容にするのか相談して、すぐに関係者への連絡を始めなければなりません。

必要となる備品を検討して、連絡と同時にすみやかに手配を進めていきましょう。

次に実施するのは、当日に葬儀会社の指示に従いながら遺族として行動することです。

焼香や献花などを行って最後に納棺という流れが一般的となっています。

今すぐできる葬儀の準備!予め決めておく3つの事と葬儀の流れとは