葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

年末年始に不幸が起きてしまったら・・葬儀に関して知っておく注意点


年末年始に不幸が起きてしまったら・・葬儀に関して知っておく注意点

年末年始に不幸が起きてしまった際に気をつけなければならないのが火葬場に関してですが、その理由はお世話になる葬儀社に関しては24時間365日にわたり受付を行っている会社を利用すれば良いものの、火葬場に関しては年末年始は利用できない事例が多いためです。

火葬場が全て同じタイミングで休業を行うといった事はないものの、年末年始以外のスケジュールとは大きく異なる場合があるので、火葬場の様子についてよく把握している葬儀社に対し希望などをお伝えしつつ、日程の調整を行う事が大切です。

同様に火葬場に関して気をつけた方が良い点としてあるのが年末年始は混み合う様子であり、年内に行いたいという方や先延ばしをした方が集中するためです。

このような火葬場の様相も思慮しつつ葬儀年末年始で意識をすると良いのが、可能なら葬儀を行う日は三が日が過ぎてからにするというものです。

三が日というのは慶事でもあるが故に、参列される方々においても個々で予定が入っている事が珍しくないので、三が日が過ぎてから葬儀を行うという事は参列される方に対する配慮にも繋がります。

そのように、三が日を過ぎてから葬儀を行うのではなく様々な様相を考えて三が日に行う事になったとしても問題はありません。

そして、葬儀年末年始に際しては年末年始の時期に密葬を行い後日お別れの会や本葬を行うというように段階を分けて行う方式もあり、段階を分ければ年末年始の多忙な時期に参列者に対する負担が軽減できたり、年末年始というおめでたい頃に不幸な事に参列するという事が避けられるようになります。

また、葬儀年末年始において火葬場が休業する時期と重なった場合には故人を安置する期間も長くなるため、ドライアイスを使用しながら涼しい場所を確保しなければなりません。

ドライアイスや涼しい場所の手配については葬儀社に対して相談をすれば連日交換してもらえますし、予め納棺を行うなどの臨機応変な対応をしてくれる事もあります。

年末年始に不幸が起きてしまったら・・葬儀に関して知っておく注意点