葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

葬儀に必要な日数と日程はどのくらい何だろう?


葬儀に必要な日数と日程はどのくらい何だろう?

お通夜やお葬式など、故人とのお別れの儀式を葬儀と呼んでいます。

地域や宗派により進め方や習慣も異なり、どれぐらいの日数が必要になるのかも異なるでしょう。

葬儀は急に決まるケースがほとんどなので、準備に手間や時間がかかるケースも多く見られます。

しかしあらかじめどれくらいの日数がかかるのかがわからなければ、予定を立てられずに困ってしまうこともあるでしょう。

このようなことにならないためにも、葬儀に必要な日数や日程の目安について、把握しておくことが求められます。

葬儀にかかる必要日数や日程の目安としては、最短で二日間、多くの場合には三日間かけて行われることになるでしょう。

亡くなってからの流れとしては、臨終が確認されると遺体を搬送して、自宅や斎場に安置することになります。

その後納棺をおこなうまでが初日の流れとなります。

二日目に行うのがお通夜で、その後三日目には告別式や火葬を行うのが一般的となっています。

この間に役所での手続きを行ったり、通夜や告別式の準備を行うなど、慌ただしく過ごすことになるでしょう。

場合によってはすぐに葬儀を行えないケースも見られます。

火葬場が営業していない日や予約でいっぱいになっている場合には火葬ができなくなってしまうので、火葬場に予定を合わせなければなりません。

また親族の集まりの都合によって順延されるケースも見られるため、絶対に三日間で終わるわけではないことを、頭に入れておかなくてはなりません。

葬儀の日程を決める時のポイントとしては、葬儀のスタイルに応じて決定することになります。

従来の形式以外に、家族葬などの小規模で費用を抑えることができる形式も、近年では人気を集めています。

参列者の数も少なくなり予定を合わせやすくなり、また準備にかかる負担も小さくなるので、葬儀の期間を短縮することにもつながります。

お通夜と告別式を省いて、火葬だけを行うシンプルな直葬とよばれるスタイルも、多く執り行われるようになりました。

直葬であれば二日間で葬儀を行うことも可能となります。

葬儀に必要な日数と日程はどのくらい何だろう?