葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

【葬儀費用】の内訳について


葬儀費用の内訳について

葬儀費用の内訳は、大きく分けると祭壇費や施設の使用料に人件費と、車両代や他の諸経費となります。

祭壇費は名前のように、祭壇を借りたり使う為のお値段で、値段の幅が広く上は高額なことがほとんどです。

目安は50万円から100万円くらいですが、もう少し安価だったり、むしろ100万円よりも高いケースがあります。

一方で、施設の利用料は葬儀場や火葬場にかかるもので、祭壇費ほどではないにしても避けがたい支出になります。

葬儀場は民営と公営で違いますが、前者は少なくても20万円以上、後者は10万円以下に留まります。

火葬場も同じく、前者は10万円前後で後者は5万円以下と言ったところ。

人件費はスタッフのことで、規模が大きく人数が増えればそれだけ値段も増加していくでしょう。

車両代は、ご遺体を移動する霊柩車や、遺族の移動用として手配するマイクロバスが当てはまります。

1台あたり5万円ほどが最大ですが、霊柩車は手頃だと1万円台から、マイクロバスは3万円くらいで借りられます。

個別だと金額的には高くありませんが、しかし小さな支出が重なって総額が大きくなります。

その他というのはとても範囲が広く、例えばご遺体を安置する場所や各種の処置に、棺や位牌と遺影写真、骨壷や仏衣を含みます。

枕飾りや看板の名木も、このその他のご予算に区別されることになります。

葬儀では飲食接待も欠かせませんから、いわゆる通夜振る舞いや精進落しの飲食代が内訳に加わります。

返礼品も忘れることはできませんし、香典返しも用意することが必要です。

通夜振る舞いは3千円、精進落としは5千円が1人あたりの上限の目安です。

返礼品は5千円から1万円の範囲内で、香典返しは受け取った額の半分が基準となるでしょう。

3割くらいでも常識の範疇ですから、極端に少ないということはありません。

他にも、寺院や僧侶にかかる費用もあるので、それらも含めて費用を算出することが肝心です。

読経料は20万円前後が相場で、戒名料も同じくらいの費用が発生します。

更に、お車代や御膳料の名目で5千円から1万円ほど、内訳に追加することが必要です。

これらが内訳の全体像で、総額の大小を決めることになる出費の1つ1つだといえます。

実際のところ、内訳は一定額ではなく範囲があるので、総額が大きくなったり小さくなるのは珍しくないです。

また、地域差や葬儀社の単価によっても、大きく違うことになります。

大切なことは相場を理解して、全体を把握しながら予算に合う内容を決めることが大切です。

葬式自体かかる費用内訳

葬式自体かかる費用内訳

葬式自体にかかる費用としては、100万円くらいの祭壇費や5万円から20万円の葬儀場に、司会進行やお手伝いのスタッフの人件費、宗教関連の費用が内訳に含まれます。

各項目の単価は葬儀のものと同じですが、内容は葬式に限定されるので、その分合計金額が小さく収まります。

とはいっても、祭壇や施設に人件費と、単価の高い内訳が並びます。

僧侶を含む寺院費用は、人件費には含まれない別の項目ですから、これを加えるとなると費用は上がります。

15万円から30万円が相場の読経料と戒名料は、2つだけでも30万円から60万円の出費です。

お車代と御膳料はそれぞれ5千円から1万円ですが、費用に加算していくと総額が高くなっていきます。

それでも、読経や戒名を内訳から外すことはできないので、必要性を考えて選択することが大切です。

実際には、安置されるご遺体の整髪やお着替えにメイクなど、お直しの準備とそのお金がかかります。

希望する仕上がりにもよりますが、プロの納棺師に依頼するとなると、5万円から10万円の追加になります。

つまり、本番だけでなくその前に準備がありますから、これも合わせるとかなりの金額になるわけです。

何処から何処までを葬式の範囲とするかでも違いますが、最小限と考えるのであれば、祭壇費や納棺と諸経費がかかるその他だけでも葬式といえるでしょう。

現代の定義において、葬儀と意味の違いは曖昧になっているので、このあたりは考え方で決まる部分でもあります。

しかしご遺体の処置と納棺は早い段階で不可欠ですから、決して外すことのできない内訳となります。

しかも、死亡通知を出したり日程の段取りや関係者との取り決めなど、やることが沢山あるので大変です。

死亡通知はその他の諸経費の分類ですが、一般的にはがきで送ることが多いので、はがき代に印刷代と送料などがかかります。

発注する印刷会社によっては、代金の支払いが手数料のかかる方法に限られていたりするので注意です。

個別の内訳の金額も気になりますが、全体を把握したり1つずつ準備を進める手間も無視できないです。

その為、多くの場合は葬儀社に依頼してサポートを受けるケースが殆どで、家族が自分達で準備をするよりも割高です。

ただ、経験豊富なプロのサポートには安心感や心強さがありますから、慣れない人にとっては金額以上の価値となります。

本来葬式には宗教的な意味はなく、純粋にご遺体を棺に納めて埋葬することを表していました。

現在は時代の変化と共に葬儀との定義が曖昧になったので、ほぼ葬儀と同義と捉えたり、金額的にも葬儀に準ずると考えることができます。

お通夜・葬儀にかかる費用内訳

お通夜はご遺体の処置と納棺や死亡通知を経た後で、葬儀や告別式の前に執り行われる儀式です。

場所は斎場や葬儀場が選ばれるケースが多いものの、自宅で一晩のお別れを過ごすのも定番です。

肝心の費用ですが、自宅とそれ以外では金額の内訳が違ってくることがあります。

斎場か葬儀場を選ぶ場合は、当然ながらその利用料が発生します。

民営の施設だと20万円はかかりますが、公営の斎場なら高くても10万円、安ければ5万円くらいで済みます。

ポイントは、お通夜と葬儀の施設利用料が別々か否かで、別であれば自宅でお通夜をすることで費用が抑えられます。

反対に、お通夜だけ自宅で執り行っても利用料が変わらない場合は、参列者や移動のことを考えて、お昼夜も斎場などで行うのが賢明です。

ご遺体の納棺までと、移動や安置に管理などの人員が欠かせませんが、現代では葬儀社のスタッフに任せるのが普通です。

人件費はスタッフの給与に直結するので、会社によってその内訳は一様ではなくばらばらです。

見積もりで金額が提示されることもありますが、その他や諸経費にまとめられるケースも存在します。

つまり詳細な内訳を知ることができるかどうかは、依頼する相手次第ということになります。

忘れてはいけないのは、参列者に振る舞われる通夜振る舞いの料理です。

通夜振る舞いは1人2~3千円が相場ですから、参列する人数を掛けることで合計が算出できます。

参列者に対しては、受付対応が必要不可欠なので、この場面でも人件費がかかるでしょう。

僧侶を招いて読経をあげてもらいますから、15万円から30万円の読経料と、それに伴う5千円から1万円のお車代や御膳料が必要です。

親族と、参列者の順番でお焼香をするので、お焼香一式のセットの準備も忘れてはいけないところです。

自分達で準備する方法もありますが、斎場を始めとした施設では貸し出しが行われますし、自宅で執り行う場合でも、一式がない場合はスタッフが用意してくれます。

加えて、供花や花輪の費用ですが、これらの内訳は一基あたり1万円前後、一対だと2万円から3万円が相場です。

どちらを選ぶかはケースバイケースですが、スペースの都合がある場合は、比較的安価でコンパクトな供花を用意するのが通例です。

お通夜の後の本番も本番で費用がかかりますし、やはり祭壇費や施設の利用料に人件費の発生が避けられないです。

僧侶をお迎えするのも同じですし、改めて参列者の受付や読経にお焼香といった流れがあるので、再び費用が発生します。

火葬にかかる費用内訳

火葬にかかる費用は、民営施設が10万円前後、公営で5万円以下の金額が基本となります。

火葬場では待合室使用料や骨壷料が発生しますが、これらも民営と公営で違ってきます。

民営の火葬場は待合室使用料が2万円、骨壷料は1万円台前半が多く見られる傾向です。

対して、公営は待合室の使用料がかかったり、あるいはかからないこともあります。

高くても精々1万円くらいですから、基本的な火葬料金と同様に、費用が抑えられることになります。

となると骨壷料金の内訳も同じで、大体5千円を切る4千円前後が目安です。

民営でも、基本的な料金次第で総額はかなり変わりますから、内訳を見て納得することが大事です。

葬儀は全体的に大きな出費となりますから、経済的に無理なく無事に執り行えるのが理想的です。

ちなみに民営と公営の違いは運営で、前者は民間企業が、後者は市区町村レベルでの運営です。

公営は複数の自治体が協力して運勢することで、低い利用料の設定を実現しています。

ただし、サービス内容は金額が高めの民営の方が、一般的に品質が高いと評価されます。

近年人気の直葬だと、かかる費用はほぼこれくらいで済みますが、一般的な葬儀だと他にも負担が生じます。

寝台車を利用する際は、距離によって金額は違ってくるものの、おおよそタクシー料金の10倍近い費用がかかります。

移動に従事するスタッフの人件費、ご遺体の状態を維持するドライアイス代も忘れてはいけないでしょう。

ドライアイスは他の消耗品と合わせても1万円くらいですが、棺やご遺体安置にも費用がかかるので要注意です。

火葬には、自治体に火葬許可証を発行してもらうことが必要です。

医師が死亡を確認済みで、これを自治体が認めることで、初めてご遺体を焼くことができます。

通常、火葬場が許可証なしに執行することはあり得ないので、万が一許可証の取得を忘れたとしても、罪に問われる事態にはならないでしょう。

しかし、儀式が中断したり遅れるのは間違いありませんから、滞りなく終えられるように、必要な手続きを確認して早めに済ませることをおすすめします。

火葬許可証の発行は数百円で、自治体によって金額は違いますが、ワンコイン未満に設定されている場合が多いです。

郵送で申請したり取得できる自治体もありますが、その際は郵便料金が発生することになります。

内訳を一通り出していくのは大変ですが、それだけ葬儀は何かとお金がかかり、各項目を確認することが重要です。

寺院関連の費用内訳

寺院関連の費用内訳を計算する時は大きく分けて二つの種類の費用が発生するということを知っておきましょう。

まずはお坊さんに支払う謝礼です。

これは地域やお寺によって違うので、相場というのは基本的には存在しないです。

インターネットなどで検索してもあまり情報は見つからないですし、口コミサイトのようなものもほとんど無いです。

そうなると料金は言い値になってしまう可能性が高いです。

お坊さんに対する謝礼を値引きしてもらうのは抵抗があるという人が多いので、値切り交渉をする人は少ないです。

しかし、自分の中で予算が決まっている場合は、この範囲で何とかおさまるようにお願いしますということを伝えるとよいでしょう。

融通が利く方であれば多少は安くしてくれるかもしれません。

冠婚葬祭は意外と出費が掛かりますし、色々なものが重なると金銭的に厳しくなることもあります。

値切ることができないと決め付けるのではなく、柔軟に交渉することは重要です。

一昔前はお坊さんに言われた金額を黙って支払うのが当たり前でしたが、今はそこまで気を使う必要は無いです。

お葬式を安くするプランなども存在するので、担当者と色々話をしてみるとよいでしょう。

葬儀屋さんも仕事なので、なるべく高いプランをお勧めしようとしますが、そこはあまり気にしないで自分の判断で必要ないものは省いていくと良いです。

故人による意向がある場合は、それを最優先するべきです。

故人が盛大にやって欲しいというのであれば、予算を掛けて盛大にやるのもありです。

逆に小さくても構わないというのであれば、最小限の規模で行うと良いです。

規模が小さくなればそれだけ予算を抑えることにつながるので、家族のために余計なお金を使って欲しくないという場合は、事前に家族に伝えておくべきでしょう。

葬儀を行う場所も非常に重要なポイントになります。

大きなホールで葬儀を行うと会場の料金は高くなりますが、比較的コンパクトなところを選べば安くおさえることができます。

また、会場はあまり遠いところにしないほうが良いです。

家族や親戚が集まりやすいように、実家に近い場所で葬儀会場をおさえるべきでしょう。

自家用車で集まる場合は広い駐車場があるほうが良いですし、駅から近い場合は会場までのバスなどを用意しておけば準備万端です。

タクシーを使ってしまうと移動にかかる費用が高くなるので、なるべく大人数でまとまって移動するほうが良いです。

接待・飲食の費用内訳

葬儀のときは必ず食事を用意しなくてはいけないです。

長いときは数時間から半日くらいかかるので、軽食とメインの食事の2回くらい準備することもあります。

参加者が身内だけであればそこまで気を使う必要は無いので、何を食べたいか聞くことができます。

和食か洋食、中華などから選ぶことが多く、軽食はサンドイッチやおにぎり、お菓子などが定番です。

仕事の関係者などをたくさん呼ぶ場合は、かなり気を使う必要があります。

幅広い年代の方が満足できるような食事を用意する必要がありますし、食べ物や飲み物が足りないということは絶対に避けなければいけないです。

たくさん用意すれば良いという訳ではないですが、余裕のある量を準備しておいたほうが無難です。

故人の家族は招く側なので、接待をするときもあります。

接待する時はまずはお店の予約をしなくてはいけないです。

このときに問題になるのが参加する人数の把握です。

当日まで参加人数が分からないとお店側も困ってしまいますし、迷惑をかけることになるので、なるべく1週間前くらいまでには正確な参加人数を把握して、お店に伝えるようにしましょう。

お店によっては100人でも問題ないというところもあれば、20人以内にしてくださいというところもあります。

基本的にはコース料理が多いので、ホテルのレストランや料亭のようなところを使うことが多いです。

接待・飲食の費用内訳を見てみると、料理はコース料金に含まれていることが多く、お酒も飲み放題ということが多いです。

お酒はビールやハイボールはもちろん、ワインや日本酒などもあります。車移動の方が多い場合はお酒を飲むことができないので、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなどを用意しておいたほうが良いです。

子どもがいることも多いので、ソフトドリンクも用意しておくべきでしょう。団体での利用になるので、貸切や個室を利用するのが良いです。

葬儀の後に食事会を開催することが多いので、お祝い事のように騒ぐことは控えるべきでしょう。

故人の家族は悲しみの気持ちがありますし、すぐにきりかえることができない人も多いので、お酒を飲みすぎて騒いだり、他人の悪口を言うようなことは避けましょう。

参加する人が気持ちよく帰宅できるように、一人ひとりがモラルを守って行動するのが大事です。

故人の家族の気持ちをしっかりと理解して、悲しみに寄り添うような気遣い、行動も非常に大切になります。

葬儀費用の内訳注意点

葬儀費用の内訳注意点は色々あります。

あれもこれもとプラスしたくなる気持ちは分かりますが、本当に必要なものと、そこまで重要ではないものはしっかりと見極めたほうが良いです。

大事なことは費用と総合的はバランスであり、お金をたくさん掛ければ良いというものでもないということを理解しておきましょう。

葬儀会社によって葬儀の項目が異なりますし、単純に比較するのが難しいことも多いです。

ここでは費用の注意点を紹介するので、ポイントをおさえて納得できるものにしましょう。

まずは基本料金から説明していきます。祭壇や人件費、運営管理などは全て葬儀会社が担当します。

お葬式全般を任せるので、それに付随するサービスに対価を支払います。付帯費用は式場や地域の慣習によって大きく変わります。

人数によっても金額が変動するので、事前に把握するのが難しいところでもあります。

支出と収入のバランスを考えて、無理のない範囲で調整を行っていくと良いです。

後で計算してみたら余分なものがたくさんあった、もっと豪華にしたかったのに上手く伝わらなかったということが無いように、事前の話し合いでしっかりと意見を伝えましょう。

確認を怠ると「知らない内にオプションが追加されている」なんてこともあり得るので、契約の段階で気が付くように集中して話を聞くべきです。

何でも聞き流していると、気が付かないうちに追加料金が発生していることもあります。

近年は低価格のプランをアピールしている会社が多いですが、最終的には従来のお葬式と変わらない料金が発生することもあります。

料金を見る時は全てが込みになったものなのか、それとも一部だけなのかをしっかりと見極めましょう。

大事なことは小さく記載しているずる賢い会社も多いので、見落としが無いように確認しておきます。

トラブルを防ぐためにはお葬式の形式と人数、場所を明確に決めておくと良いです。後から変更すると料金を把握するのが大変になります。

もう一つは詳細な見積もりを出してもらうことです。

おおまかな見積もりだけで話を進めていくと、気が付いた時は追加料金が発生していることがあります。

最終的に見積もりを出してもらい、それ以上は費用がかからないことを約束してもらうと良いです。最初の段階で予算を提示してしまうという方法もあります。

初心者の場合はこの方法が一番ミスが無いでしょう。

曖昧なまま話を進めていくと勘違いが生まれやすいので、一つ一つ完璧に理解しながら次に進むと良いです。

葬儀費用の内訳について

葬儀費用の内訳ま

葬儀の注意点も分かったはずなので、勘違いやミスを減らすことができるはずでしょう。

お葬式は亡くなった人にできる最後の行いなので、できるだけお金をたくさん掛けてあげたいという人が多いです。

しかし、悪質な葬儀会社はそういった感情を利用して法外な料金を請求したり、追加で料金を加算してくることがあります。

その時に正しい判断ができるように、細かく料金を把握しておくことが重要です。

分からないことを分からないままにしておくと、最終的にたくさんのお金を支払うことになるので要注意です。

担当者としっかりと話し合いをするというのも重要です。

担当者以外の人と料金の話をしても、連絡が上手く伝達していないと意味が無いです。

なるべく担当者に直接価格交渉をするようにして、気が付かないうちに色々なオプションが追加されないように言っておきましょう。

葬儀にかかる費用の中には火葬場の料金や式場、さらにはお寺やお坊さんに支払う謝礼も含まれています。

葬儀場や接待のお店などと一緒にはじめに考えておかなくてはいけないポイントになります。

格安を売りにしている会社は一部の料金だけを前面に押し出していて、後から料金を請求してくることがあります。

こういった悪質な方法に騙されないように注意しながら話を進めていきましょう。

会社を選ぶコツとして、口コミが良いところを選ぶと良いです。

とはいっても口コミの数は少ないと思うので、情報収集は結構大変です。

細かく見積もりを出すことで信頼感が増すので、見積もりを出すことに躊躇しているような会社とは契約しないほうが良いです。

料金制度を分かりやすくしていて、明朗会計を行っている会社は優先的に候補に入れるべきでしょう。

正直なところ、お葬式には無駄な料金が発生していることが多いです。

故人のために色々やってあげたい思う気持ちは大切にしなければいけないのですが、それは心の中で思えば良いことで、お金をたくさん使って派手にすれば良いという訳ではないです。

見栄を張って盛大にしたり、大きな会場を用意するのが本当によいことなのか、故人が喜ぶのかというのをしっかりと考えたほうが良いです。

最近は身内だけでひっそりと行って欲しいという人が増えていて、以前よりもシンプルなプランを採用する人が多いです。

今後もこの流れは続くと思うので、シンプルなものが流行するでしょう。