葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

「自宅葬」と「家族葬」の違いと事前に確認すべきこと


「自宅葬」と「家族葬」の違いと事前に確認すべきこと

葬儀には従来の方法の他に、家族葬など様々な形態がありますが、近年注目されているのは家族葬となっています。葬儀を執り行う場合、どの方法においても葬儀会場で葬儀を行い、埋骨方法として先祖代々続いているお墓に入るか、樹木の下に埋骨をするか、あるいは海に散骨をするかなどがあげられます。

自宅葬とは亡くなった方の自宅で行う方法であり、この方法は昔に行われていた方法です。

少子高齢化や住宅の変化によって自宅で葬儀をあげることは少なくなっていますが、自宅で行う場合においても通常葬儀会場で行うよりも簡素化しており、葬儀会社で行う家族葬と似た形式となっていることが多いです。

自宅葬ではさらにすべて自分で手配をして進めていく方法と、葬儀会社へ依頼する方法とがあります。

自宅で行うメリットは、時間を気にする必要がない、故人にとって住み慣れた家で最期を迎えることができるので、残された家族においても満足のいく方法をとることができるといったことがあげられます。

さらに一般的な葬儀の違いとして会場費が無駄にかかりません。

一方の家族葬は一般的な葬儀と基本的な流れは同じですが、規模が小さく家族や親族、本当に親しい友人を中心に行っていきます。

参列者が多くないので、ゆっくりと故人とお別れをすることができ、おちついた雰囲気の中で最期の時を過ごすことができるメリットがあります。

自宅葬と家族葬は似ている部分が多いのですが、自宅葬と家族葬の違いとしては、家族葬は葬儀会場で行うことが多く、会場費はかかるものの自分で用意をしなくて済むので、ゆったりとした気持ちで最期を見送ることができますが、自宅葬は自宅で葬儀を行うので自分で手配をしたり部屋の片づけを行ったりしなくてはならず、葬儀までの準備に手間がかかることがあげられます。

自宅葬においても葬儀会社で進めることもできるので、事前にどの程度用意をしてもらえるのか、といったことを確認しておくと安心です。

「自宅葬」と「家族葬」の違いと事前に確認すべきこと