葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

提出のタイミングで異なる?死亡通知状の内容って何?


提出のタイミングで異なる?死亡通知状の内容って何?

死亡通知状は誰かが亡くなってしまった時に、その家族や親族が送るお知らせを指します。死亡通知状の内容はそれを出すタイミングによって違いますので、注意が必要です。

葬儀の前に送る場合には、死亡通知状に亡くなった人との続柄・氏名と年齢・死亡した理由と日時を記しましょう。

例えば故人が母の場合には、氏名の前に「母」、氏名の後ろに「儀」と書き添えます。

故人の年齢は漢数字を使用してください。

死亡した理由はあくまでどのような状況だったからを伝えるためのものですので、差し支えない範囲で構いません。

死亡時刻がはっきりとわからない時には、「未明」と書きます。

故人が生前お世話になったことに対し、故人の代わりにお礼を述べましょう。

葬儀や告別式の日時と場所を記載し、通知を出した日付と喪主の氏名・住所を書きます。葬儀に参列できない方もいますので、弔電や香典の宛先などを記しておくのも良いです。

葬儀の後に送る場合には、亡くなった人との続柄・氏名・年齢・死亡理由を書き、葬儀を執り行った日付と共に葬儀を終えたことも記します。

この時、葬儀を知らせなかった理由とお詫びも書き加えましょう。

あとは葬儀前の通知と同じく、故人が世話になったお礼と日付・喪主の氏名や住所を書きます。

特に急逝の場合や家族葬が希望の時などは、死亡通知急逝につき遅れました、という内容を入れることが大切です。

死亡通知状を送るタイミングとしては、一般的なのは葬儀の日程が決まった段階となります。

しかし遠方の人であれば手紙が届く前に葬儀が執り行われてしまう場合もありますので、葬儀日程が差し迫っているのであれば電話で連絡しましょう。

最近ではメールを使って連絡を取る方も多くいますが、メールの分はあくまでも死亡通知状と同じような内容にしてください。

またその際には、しきたりに則って句読点は使わないようにすること、故人の宗派を記載することも必要です。

はがきで通知する場合には、薄墨で書くことも覚えておきます。

提出のタイミングで異なる?死亡通知状の内容って何?