葬儀に関する不安や疑問を一挙解決!マナーや豆知識など、
終活も含め、様々なお役立ち情報をお届けします。

twitter facebook

弔電を送る際に知っておくべきマナー


弔電を送る際に知っておくべきマナー

弔電という言葉をご存知でしょうか。

弔電は都合で葬儀に参列できない人が、故人とその家族に対してお悔やみの言葉を伝える電報です。

電報とは古くは電話がまだ無い時代の通信手段として使用され、現在は冠婚葬祭で在籍出来ない場合のお祝いやお悔やみを伝える手段として利用されています。

手紙と違い、ギフトなどを添えることも出来るためより想いを伝えることが出来る点が特徴。

ちなみにお祝いの際は祝電と呼び、お悔やみの際には弔電と呼びます。

次にお悔やみの気持ちについて、どのように言葉で伝えれば良いでしょうか。

ここからはお悔やみの電報におけるマナーについて見ていきます。

まず宗派について例えば仏教とキリスト教では葬儀のそもそもの目的が異なることから、使用する言葉も異なります。

仏教においては、故人は仏の弟子となり浄土に送るための儀式を執り行う場です。

このため故人の魂が迷うことなく浄土に行けるような言葉が必要であり、魂を迷わせるような言葉を避けることが必要です。

キリスト教においては、故人が召された先にいる神様へ礼拝の儀式とされています。

このため他の宗教での神様を連想するような言葉はNGとなります。

そのほかには、忌み言葉とよばれるお悔やみを伝える際に避けるべき言葉があります。

死や苦しみを連想する言葉(四・九なども含む)はもちろんですが、重ね言葉(重ね重ね・再び)についても、悲しみを重ねることを連想するため避けましょう。